FXの便利な3つの注文方法を使いこなそう!初心者さん向けに詳しく解説

FX

 

FXの注文方法には、

前ページで説明した3つの基本の注文方法以外にも、

 

とても便利な注文方法があります。

 

FX初心者さんには最初は、
少し難しいと感じるかも知れませんが、

 

上手く使いこなせるようになると、
とても便利なものなので、ゆっくり覚えていきましょう。

 

IFD(イフダン)注文

IFD(イフダン)注文とは、

 

「この価格になったら買って(売って)、その後、
この価格になったらそのポジションを売りたい(買いたい)。」

 

というように、
新規注文決済注文同時に出すことが出来る注文方法で、

 

新規注文が約定したら、決済注文が自動的に発注されます。

 

例えば、
今現在の米ドルのレートが100円で、もし99円まで下がったら買って、

 

その後、101円まで上がったら、
そのポジションを売りたい時などに使うことが出来ます。

 

IFD(イフダン)注文は、
1回の注文で、新規と決済の両方の取引を完了出来るので、

 

忙しい会社員の方にも、とても便利な注文方法となります。

 

IFD(イフダン)注文の活用方法

それでは、IFD(イフダン)注文の活用方法を見ていきましょう。

 

利益確定の時

 

今現在の米ドルのレートが100円で、もし下がったら買いたいので、
まず1つ目の注文として99円で「買い」の新規の指値注文を入れ、

 

それが約定したら、今度は上がったら売りたいので、
2つ目の注文として

 

101円で「売り」の決済の指値注文をいれておきます。

 

すると、予想通り99円まで下がったので、新規注文が約定して、
2つ目の注文が発動されます。

 

その後、またまた予想通り101円まで上がったので、
そのポジションは無事に決済注文が約定し、利益を得ることができました。

 

 

FX

 

〈損切りをする時〉

 

今現在の米ドルのレートが100円で、もし下がったら買いたいので、
まず1つ目の注文として99円で「買い」の新規の指値注文を入れ、

 

それが約定したら、リスクに備えるために、
予想と反して下がったら諦めて売りたいので、

 

2つ目の注文として、
98円で「売り」の決済の逆指値注文をいれておきます。

 

すると、予想通り99円まで下がったので、
新規注文が約定して、2つ目の注文が発動されます。

 

その後、予想とは反して95円まで下がってしまいましたが、
98円で決済注文が約定したので、損失は小さく抑えることが出来ました。

 

 

FX

 

上記のように、IFD(イフダン)注文は、

 

新規の買いの指値注文と
決済の売りの指値注文、逆指値注文との組合せ以外にも、

 

様々な組合せで使用することが出来ますので、
使いこなせるようになると、とても便利な注文方法となります。

 

OCO(オーシーオー)注文

OCO(オーシーオー)注文とは、

 

「この価格になったら決済して利益確定したいし、
もしこの価格になったら諦めて決済して損切りしたい。」

 

というように、
2つの注文を同時に出すことが出来る注文方法で、

 

1つの注文が約定したら、もう1つの注文は自動的にキャンセルされます。

 

例えば、
米ドルのレートが100円の時に買い、

その後101円に上がり、今現在利益が出ています。

 

これから為替が上がるのか下がるのか分からないので、
103円まで上がったら売って利益を出したいし、

 

99円まで下がったら諦めて損切りしたい時、などに使うことが出来ます。

 

OCO(オーシーオー)注文は、
新規注文でも決済注文でも使うことが出来ますが、

 

決済注文で使用する時は、
損切りと利益確定の2つの注文が同時に出せるので、

 

FX初心者さんにとっては、リスク管理の上で頼りになる注文方法です。

 

OCO(オーシーオー)注文の活用方法

それでは、OCO(オーシーオー)注文の活用方法を見ていきましょう。

 

〈決済注文の時〉

 

米ドルのレートが100円の時に買い、
その後101円に上がり、今現在利益が出ています。

 

ですが、これからもっと上がるかも知れないし、
突然下がり出すかも知れません。

 

そんな時に決済注文で、

 

103円で売りの指値注文(利益を確定させるための注文)と、
99円で売りの逆指値注文(損切りするための注文)を入れておきます。

 

すると、その後予想通りに為替が上がれば、
利益を得ることが出来ますし、

 

それとは逆に下がったとしても、
損失を最小限に抑えることが出来ます。

 

 

FX

 

〈新規注文の時〉

 

米ドルが97円~100円の値幅の中で、
上がったり下がったりを繰り返している、レンジ相場になっています。

 

もし100円を上抜けて101円まで上がったら、
これからもっと上昇するだろうし、

 

97円を下抜けて96円まで下がったら、
これからもっと下降するだろう。

 

と予想した時は、
新規で101円の「買い」と、96円の「売り」の2つの逆指値注文を出します。

 

すると、
その後レンジ相場を抜けて101円まで上がると買いの注文が、

 

逆に96円まで下がった時は、売りの注文がそれぞれ約定し、
もう1つの注文は自動的にキャンセルされます。

 

 

FX

 

IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文

IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文とは、
IFDとOCOを組み合わせた究極の自動売買が出来る注文方法で、

 

「この価格になったら新規で買って(売って)、
その後、この価格になったら利益が出るから決済したいし、

 

もしこの価格になったら早めに損切りしたい。」

 

というように
新規注文と2つの決済注文(利益確定損切り)を出すことが出来ます。

 

例えば、
今現在の米ドルのレートが101円で、100円まで下がったら買いたい。

 

その注文が約定したら、

今度は102円まで上がったら、利益が出るので決済したいし、

 

もし98円まで下がってしまったら、諦めて損切りしたい。

 

とういう時は、
100円の新規の「買い」の指値注文を入れ、

 

決済注文で売りの102円の指値注文と、
98円の逆指値注文をいれておきます。

 

すると、その後予想通り100円まで下がったので、
新規注文が約定し、その後決済注文が自動的に発動します。

 

そして、その後米ドルが上昇し102円になれば利益が出ますし、
逆に98円まで下がれば損切りされます。

 

 

FX

 

このように、IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文は、
1回の注文で新規注文から決済注文までが完了出来、

 

更に決済注文では、
利益確定と損切りの2つの注文を出すことが出来るので、

 

忙しい人にとってはとても便利な注文方法となります。

 

 

 

 

 

 

オススメのFX会社
DMM FX FX国内口座数第1位

全通貨ペアで業界最狭水準のスプレッド

GMOクリック証券【FXネオ】 FX取引高5年連続世界No.1
高水準のスワップポイントも人気
マネーパートナーズ
【パートナーズFX】
2016年オリコン日本顧客満足度
「FX取引」で第1位を獲得

 

FXを始めるには、口座開設が必要です。
まだFX口座をお持ちでない方は、まずは無料で口座開設を。

 

 

FXの魅力である『レバレッジ』と『スワップポイント』について

ネットで稼ぐ

 

FXの魅力を語る上で外せないのが、
レバレッジ』と『スワップポイント』です。

 

この2つについてしっかり学び、理解することで、
うまくトレードに活かしていきましょう!

 

レバレッジとは

レバレッジ」とは、日本語で「てこ」のことを意味し、
少ない資金で、大きな取引をすることが出来る仕組みのことです。

 

例えば、

証拠金が10万円で、30万円の取引をした時は、レバレッジは3倍
100万円の取引をした時は、レバレッジは10倍になります。

 

FX

 

FXでは、最大25倍のレバレッジをかけることが出来ます。

 

では、なぜ自分が預けた証拠金以上の取引をすることが出来るのでしょうか?

 

FXは、通常の買い物などと違い、
取引時に売買した代金の全額を支払ったり、受け取ったりするのではなくて、

 

売買の取引が終わった時の差額だけをやりとりする取引になるからです。

 

これを、「差金(さきん)決済」と言います。

 

例えば、100万円分の米ドルを買って、
その後、米ドルの価値が上がり、110万円になった時に決済したとします。

 

その時、100万円を払ったり、110万円を受け取ったりするわけではなくて、
差額の10万円だけを受け取ることになります。

 

FXの魅力の1つで、大きな特徴でもある「レバレッジ」ですが、
高くなればなるほどリスクも高くなるので、注意が必要です。

 

初心者の内はあまりレバレッジが高くならないように気をつけましょう!

 

スワップポイントとは

ネット副業スワップポイント」とは、

2通貨の金利の差から得られる利益のことで、

 

「外貨預金」の金利にあたります。

 

日本は低金利なので、高金利の通貨を買い、

ポジションを保有すると、

 

ポジションを保有している間、

スワップポイントを毎日受け取ることが出来ます。

 

現在の各通貨の金利は下記のようになります。

 

通貨 金利
日本円 -0.10%
米ドル 1.50%、1.25%
ユーロ 0.00%
英ポンド 0.50%
カナダドル 1.25%
オーストラリアドル 1.50%
ニュージーランドドル 1.75%
スイスフラン -0.75%
香港ドル 1.75%
南アフリカランド 6.75%

 

(金利は各国の状況によって変動するため、随時見直されます。)

 

例えば、米ドル/円で買いの取引の場合、

1.25%(米ドルの金利)- 0.10%(日本円の金利)= 1.15%

がスワップポイントの目安となる利率になります。

 

尚、スワップポイントは日々変化しますし、FX会社によっても異なるので、
FX会社のホームページで確認しましょう!

 

マイナススワップとは

スワップポイントは、貰える場合支払う場合があるので注意が必要です。

 

例えば、
先ほどの米ドル/円で買いの取引の場合は、スワップポイントが貰えますが、

 

米ドル/円で売りの取引だと

0.10%(日本円の金利)- 1.25%(米ドルの金利)= -1.15%

と、マイナスになってしまいます。

 

ユーロは、日本円よりも金利が安いため、米ドルの取引とは逆で、

 

ユーロ/円で買いの取引の場合が、マイナススワップとなり、
ユーロ/円で売りの取引の場合は、スワップポイントが貰えます。

 

スワップポイントの金額などは、FX会社のホームページで確認出来ます。

 

マイナスの表示がある時は、スワップポイントを支払うことになるので、

 

トレードをする前に、スワップポイントが貰えるのか、
支払うのか確認しておきましょう!

 

長期トレードの場合は注意!

スワップポイントは、1日の金額は微々たるものですが、
数ヶ月数年となると結構大きな額になってきます。

 

マイナススワップになる場合で、
長い期間ポジションを保有する時は注意しましょう。

 

逆に高金利通貨を買う場合は、長くポジションを保有することで、
スワップポイントを多く貰うことが出来ます。

 

マイナー通貨はスワップポイントが多く貰えますが、
リスクも高くなるので、トレードする際は注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

オススメのFX会社
DMM FX FX国内口座数第1位

全通貨ペアで業界最狭水準のスプレッド

GMOクリック証券【FXネオ】 FX取引高5年連続世界No.1
高水準のスワップポイントも人気
マネーパートナーズ
【パートナーズFX】
2016年オリコン日本顧客満足度
「FX取引」で第1位を獲得

 

FXを始めるには、口座開設が必要です。
まだFX口座をお持ちでない方は、まずは無料で口座開設を。

 

 

FXで勝つために大切なメンタルを鍛えよう~初心者さん必見~

ネットで稼ぐ

FXで勝つためには、知識やテクニックも大事ですが、
本当に大事なのはメンタルです。

 

メンタルが弱いと、自分で決めたトレードルール
守ることが出来なくなってしまいます。

 

FXで勝つためには、自分のルールをしっかりと決めて、
そのルールを守ってトレードすることが大切です。

 

勝つことにこだわりすぎない

トレードをする際、勝つことにこだわりすぎて、

 

「毎回勝ちたい」
「絶対に負けたくない」
と思いすぎると危険です。

 

どんなに優秀なトレーダーでも、負け無しの勝率100%なんてあり得ないですし、
勝ったり負けたりを繰り返して勝率を上げていくことが大切です。

 

「勝ちは大きく、負けは小さく」
が基本的な考え方なので、
「負けないこと」ではなくて、負けた時に損失を小さくする事を考えましょう。

 

勝つことだけにこだわりすぎると、「損切り」が出来なくなってしまいます。

 

「損切り」が出来なくなると、
「いつか戻るだろう・・・」と勝手な期待をしてしまって、

 

ダラダラと決済を引きのばしているうちに、結局最後は大損してしまう!
何てことにもなりかねません。

 

早く「損切り」をしておけば、負けは負けでも損失は小さくする事が出来ます。

 

トレードをする時は、最初にある程度の負けは覚悟しておくことが大切です。

 

ポジポジ病に注意!

私も経験があるのですが、
ポジションを持っていないと不安になったり、淋しくなったり、

 

「何だか物足りない・・・」
と感じてしまって、無理にポジションをとってしまうことがあります。

 

これを『ポジポジ病』と言います。「ポジ」はポジションのこと。

 

常にポジションを保有していないと、落ち着かなくなり、
本来ならエントリーしないようなところでエントリーしてしまったりと、
自分で決めたルールを守れなくなってしまいます。

 

原因は、「早く、大きく稼ぎたい!」という欲が強すぎることだと思います。

 

稼ぎたい気持ちが強すぎると、冷静さを失い、
無理なトレードを繰り返してしまうことになります。

 

「トレードの数が増えれば、それだけ稼げるわけではない。」
ということを理解しておきましょう!

 

トレードで負けた後は・・・

FXで、絶対に勝ち続けるのは無理なので、負けた時どうするのか。
が大事だと思います。

 

負けた時、すぐに取り返そうと思って、焦って取引をしてしまうと、更に負ける。
そしてその後も・・・。

 

なんていう悪循環に陥ってしまう可能性があります。

 

その日のうちに、損失を取り返したいと思う気持ちは分かりますが、
冷静さを失った状態でトレードしても、決して良い結果にはなりません。

 

負けが続いた時は、一旦トレードを休むことも大切です。
トレードから離れて、冷静さを取り戻し戦略を立て直しましょう。

 

トレードをする時は、
「これくらい負けたら、トレードを休もう!」
と最初に撤退ラインを決めておくと良いと思います。

 

少しFXから離れて、気分をリフレッシュさせることも大切です。

 

トレードを通して失敗と成功を繰り返して、その都度反省しながら、
FXに慣れていくことでメンタルを鍛えていきましょう!

 

 

 

FXのトレード(取引)スタイルを学ぼう~初心者さんに詳しく解説~

FX

FXのトレードスタイルは、大きく分けると3種類で、
スキャルピング』『デイトレード

スウィングトレード
と、トレードの時間によって分けられます。

 

それぞれの特徴を知り、いろいろ試してみて、
自分に合ったトレードスタイルを見つけましょう!

 

『スキャルピング』とは

スキャルピング』とは、
エントリーから決済までを、数秒から数分で終わらせるトレードのことです。

 

経済指標の発表などの、市場が動くタイミングを狙う短期決戦型で、
小さい利幅を狙って取引します。

 

小さい利幅で利益を増やすには、レバレッジをかけることが必要になりますが、
レバレッジをかけ過ぎないように注意が必要です。

 

瞬時に判断する力と、集中力が必要なので、初心者向きではないかも知れません。

 

トレードには、1分足5分足といった短期のチャートを使用します。

 

『スキャルピング』の様に、エントリーして、すぐに決済となると、
スプレッドが小さいかどうかが重要なポイントになりますので、
FX会社の選択にも注意しましょう!

 

『デイトレード』とは

デイトレード』とは、
その名の通り、1日でエントリーから決済までを終わらせるトレードのことです。

 

効率良く取引するには、1日の中で為替レートが大きく動く時間帯を狙って、
取引することも重要になります。

 

日本時間の夕方から深夜にかけては、欧州勢と米国が取引を開始する時間になるので、
相場の動きやすい時間帯と言えます。

 

トレードには、5分足30分足といった、短めの足のチャートを使用しますが、
それだけで判断せずに、1時間足日足などのチャートで
大きな流れを把握することも大切になります。

 

長期間ポジションを保有しないので、
為替の急激な変動によるリスクは低めというメリットがあります。

 

それでもリスクは0ではないので、
リスク管理(損切り)は忘れずにしておきましょう!

 

『スウィングトレード』とは

スウィングトレード』とは、
エントリーから決済までを、数日から数週間かけて行うトレードのことです。

 

ポジションを保有したら、じっくり様子を見て、大きな利益を狙います。

 

基本は、為替の動きについていく順バリで、上昇トレンドなら買い、
下降トレンドなら売りの取引となります。

 

トレードには、日足4時間足のチャートを使用することが多いですが、
週足などの長い足のチャートも見て、大きな流れもチェックしておきましょう!

 

ポジションを保有する期間が長くなるので、
為替の急激な変動によるリスクも高くなります。

 

リスク管理(損切り)はしっかりとしておきましょう!

 

また、長期間ポジションを保有する時は、スワップポイントにも注意が必要です。

 

スワップポイントは、貰える場合と支払う場合があるので、
取引する前に確認しておくようにしましょう。

 

『スウィングトレード』は、チャートを見る時間があまりない社会人など、
忙しい人にも向いているトレードスタイルになります。

 

 

 

 

FXの自分のトレード(取引)手法を見つけよう~初心者さん必見~

FX

 

FXには、「こうすれば絶対に勝てる!」

という必勝法はないので、

 

自分の性格や目標に合わせて

トレード(取引)手法を見つけることが大切です。

 

すぐに、自分に合うものを見つけるのは難しいかも知れませんが、
いろいろ試してみて、じっくり見極めていきましょう。

 

順張り(じゅんばり)、逆張り(ぎゃくばり)とは

順張り(じゅんばり)とは、トレンドの方向に従ってトレードすることで、
トレンドフォロー」とも言います。

 

為替が上昇トレンドなら「買い」、

下降トレンドなら「売り」で入る素直なパターンで、

 

トレンドにそのままついて行けば良いので、
初心者にはオススメのトレード手法だと言われています。

 

逆張り(ぎゃくばり)とは、トレンドの方向に反してトレードすることです。

 

上昇トレンド中に、

そろそろ下がるだろうと、反発するのを狙って「売り」で入ったり、

 

下降トレンド中に、

そろそろ上がるだろうと、反発するのを狙って「買い」で入ったり、
トレンドの流れに反したトレード手法になります。

 

上手くいけば、大きな利益になりますが、リスクも高くなるので注意が必要です。

 

レンジ相場のトレード方法

一定の値幅の中で、上がったり下がったりを繰り返す、
レンジ相場のトレード方法は、非常にシンプルです。

 

例えば、
為替レートが97円から100円の間で行ったり来たりを繰り返していたとします。

 

その時は、97円近くになったら買って、100円付近で決済。
そしてその後また、100円付近で売って、97円近くになったら決済。
と、これを繰り返せばOKです。

 

ネット副業

 

レンジ相場が続く限りは、これでいけますが、
いつかは必ずレンジ相場が終わってトレンドが発生するので、
損切りも忘れずに入れておきましょう。

 

その時、レンジ幅の少し上か下に設定するようにすればOKです。

 

ネットで稼ぐ

 

ブレイクアウトとは

レンジ相場の高値、安値のどちらかを抜けると、大きな値動きが期待できるので、
それを狙ったトレード方法を「ブレイクアウト」と言います。

 

上記のようなレンジ相場が続いている時に、
高値である100円を抜けた時は、

 

そのまま上昇トレンドが発生する可能性があるので、
100円の少し上でエントリーし、そのまま上昇トレンドについて行きます。

 

ネット副業

 

逆に、安値である97円を抜けた時は、下降トレンドが発生する可能性があるので、
97円の少し下でエントリーして、下降トレンドについて行きます。

 

ただし、ブレイクアウト狙いの時に、
「高値または安値を抜けた!」
と思っても、またすぐにレンジの中に戻ってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

そんな時は、諦めて損切りするようにしましょう。

 

押し目買い、戻り売りとは

為替レートは、上昇トレンドの時でも、常に上がり続けているわけではなくて、
日々上がったり下がったり、細かい上下運動を繰り返しながら上昇していきます。

 

上昇トレンドの中で、
一時的に価格が下がった時に買うことを「押し目買い」と言います。

 

反対に、下降トレンドの中で、
一時的に価格が上がった時に売ることを「戻り売り」と言います。

 

ネットで稼ぐ

 

「上昇トレンドに乗り遅れた!」

 

となった時に、慌てて高値で買うのではなくて、
一時的に為替レートが下がるのを待って「押し目買い」をする方が賢いと言えます。

 

逆に「下降トレンドに乗り遅れた!」

 

となった時は、慌てて安値でエントリーせずに、
一時的に為替レートが上がるのを待って「戻り売り」をすることによって、
利益を増やすことが出来ます。

 

 

 

 

チャート分析(移動平均線の種類とシグナル)~FX初心者さんガイド~

FX

前ページでは、

「移動平均線」の特徴についてお話しましたが、

 

今度は「移動平均線」の種類

売買のチャンスを示すトレードのシグナルについて
詳しくご案内したいと思います。

 

それでは、見ていきましょう。

 

移動平均線の種類

一般的に移動平均線と言われるのは、
単純移動平均線(SMA)

 

ですが、それ以外にもよく使われる移動平均線に、
指数平滑移動平均線(EMA)」 があります。

 

「単純移動平均線(SMA)」は、過去のレートを単純平均したものですが、

 

「指数平滑移動平均線(EMA)」は、
直近の価格の方が、 数日前の価格より、重要であると考えたものになります。

 

例えば、「20日指数平滑移動平均線」なら、
20日前の価格よりも、昨日の価格の方が重視された移動平均線になります。

 

 

FX

 

上記のチャートはSMAとEMAを同時に表示しています。

 

SMAとEMAを比べると、EMAの方がSMAよりも、
敏感に反応していることが分かると思います。

 

「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」とは

ゴールデンクロス」と「デッドクロス」とは、
売買のチャンスを示すトレードのシグナルのことで、

最も有名なシグナルになります。

 

まず、日足のチャートに、

25日(短期)と75日(長期)の移動平均線を
表示させて、この2つの線の交わり方を見てみましょう。

 

 

FX

 

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を、
下から上に突き抜けていくところが、

買いのシグナルである「ゴールデンクロス」です。

 

 

FX

 

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を、
上から下に突き抜けていくところが、

売りのシグナルである「デッドクロス」です。

 

他のシグナルと同様に、絶対とは言い切れませんが、
効果的なシグナルと言われています。

 

ですが、シグナルが現れたからと言って、
すぐに売買タイミングがやってくるとは限りません。

 

「シグナル」が出た!

と思ったら、またすぐに元に戻ってしまう。
なんてことが起こるので注意が必要です。

 

ちなみに、このようになることを「ダマシ」と言います。

 

先ほどは、25日(短期)と75日(長期)の移動平均線を使いましたが、
表示させる移動平均線の日数に、決まったルールはないので、

 

いろいろな日数で、短期線と長期線の2本のラインを表示させてみましょう。

 

短期線を5日や10日など短くしていくと、
「シグナル」が出る頻度が増えますが、

その分「ダマシ」も増えることになります。

 

日数を長くすると「ダマシ」は減りますが、
「シグナル」の出る頻度も減ってしまう可能性があります。

 

いろいろと日数を変えてみて、研究してみましょう!

 

FX会社のチャートを活用しよう

FX会社では、高機能で使いやすいチャートが用意されていて、
複数のチャートを同時に1つの画面に表示出来たり、

 

チャートを重ねて表示出来たり、

レイアウトを自由に設定したりすることも出来ます。

 

また、「トレンドライン」等のラインを引くための機能や、
移動平均線」等、その他のテクニカル指標も充実していて、
様々なチャート分析(テクニカル分析)が行えるようになっています。

 

FX会社のチャートを活用して、相場のトレンド(方向性)を把握し、
FXの取引に役立てていきましょう!

 

 

 

 

チャート分析(移動平均線の特徴)~FX初心者さんガイド~

FX

トレンドラインと同じく、相場のトレンド(方向性)を
把握するために使用するのが「移動平均線」です。

 

「移動平均線」を表示させることで、
トレンド売買ポイントを知ることが出来ます。

 

では、どのような物なのか、詳しく見ていきましょう。

 

移動平均線とは

移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を1本の線に結んだものです。

 

例えば「5日移動平均線」なら、
過去5日間の終値を足して、5で割った平均値をつなげて線にしたものです。

 

具体的な計算方法は下記のようになります。

 

A:1日目の終値・・・90円
B:2  〃  ・・・92円
C:3  〃  ・・・91円
D:4  〃  ・・・90円
E:5  〃  ・・・93円
F:6  〃  ・・・92円
G:7  〃  ・・・90円

 

5日目の平均値は、(A+B+C+D+E)÷5=91.2となり、
6日目の平均値は、(B+C+D+E+F)÷5=91.6となり、
7日目の平均値は、(C+D+E+F+G)÷5=91.2となります。

 

この平均値をつなげて、1本のラインにしたものが、移動平均線となります。

 

この移動平均線は、各チャートで表示させることが出来る、
テクニカル分析の基本のツールです。

 

移動平均線を表示させると、ローソク足だけのチャートの時より、
相場のトレンド(方向性)がより分かりやすくなります。

 

FX

 

移動平均線を表示させて、傾きを見てみましょう。
この傾きが上向きなら上昇トレンドで、下向きなら下降トレンドだと判断出来ます。

 

また、傾きの角度にも注意して下さい。

 

角度が急であれば強いトレンドですし、
なだらかな角度だと、弱いトレンドだと分かります。

 

移動平均線の特徴

移動平均線は同時に複数表示出来るので、

短期長期の2本の線を組み合わせたり、
短期中期長期の3本の線を組み合わせて使用するのが一般的です。

 

  • 短期線・・・5日、10日
  • 中期線・・・20日、25日、75日
  • 長期線・・・100日、200日

 

などが用いられることが多いようです。

 

2~3本を同時に表示させると、
「長期線が上向きなので、長期間で見ると相場は上向きだけど、
短期線は下向きだから、短期的には下降トレンドかなぁ。」

 

と判断して、売買の目安にすることも出来ます。

 

FX

 

また、

きれいな上昇トレンドの時は、短期線、中期線、長期線の順番で上から並び、
ローソク足はラインの上にあります。

 

下降トレンドの時は、その逆で、短期線、中期線、長期線の順番で下から並び、
ローソク足はラインの下にあります。

 

レンジ相場の時は、3本のラインが交差していて、並び順も様々になっています。

 

そして、トレンドラインと同様に、上昇トレンドの時は、
だいたい移動平均線に沿って上がっていき、

ラインから離れると戻ろうとする力が働きます。

 

移動平均線の日数は、自分で変更出来るので、

いろいろな日数で表示させてみましょう。

 

FX会社のチャートを活用しよう

FX会社では、高機能で使いやすいチャートが用意されていて、
複数のチャートを同時に1つの画面に表示出来たり、

 

チャートを重ねて表示出来たり、

レイアウトを自由に設定したりすることも出来ます。

 

また、「トレンドライン」等のラインを引くための機能や、
「移動平均線」等、その他のテクニカル指標も充実していて、
様々なチャート分析(テクニカル分析)が行えるようになっています。

 

FX会社のチャートを活用して、相場のトレンド(方向性)を把握し、
FXの取引に役立てていきましょう!

 

 

 

 

チャート分析(支持線&抵抗線)~FX初心者さんガイド~

FX

前ページでお話した、トレンドラインと共に

重要なラインがあります。

 

それは、過去の安値や高値を水平に結ぶ、
支持線と抵抗線(サポート&レジスタンスライン)です。

 

このラインも注目度が高いので、

しっかり学んでいきましょう!

 

支持線と抵抗線を引いてみよう

チャートを見て、目立ったローソク足の安値を通るように、
水平にラインを引くと支持線になり、

 

目立ったローソク足の高値を通るように、

水平にラインを引くと抵抗線になります。

 

支持線サポートラインとも呼ばれ、
下がってきたレートがそのラインにぶつかると、はね返されやすくなります。

 

抵抗線レジスタンスラインとも呼ばれ、
上がってきたレートがそのラインにぶつかると、はね返されやすくなります。

 

では、実際にどのようなものか、下記のチャートで見てみましょう。

 

 

FX

 

 

FX

 

 

支持線と抵抗線の特徴を知ろう

支持線と抵抗線は多くの人達が注目していて、相場の転換点になりやすいラインです。

 

何度もはね返されている支持線を、下抜けた時は、

大きく下がりやすいですし、

 

何度もはね返されている抵抗線を、上抜けた時は、

大きく上がりやすい傾向にあります。

 

そのため、支持線と抵抗線は、

 

「この支持線を下抜けたら、大きく下がりそうだから、
支持線のちょっと下くらいに、新規で売りの注文を入れておこう。」

 

「この抵抗線を上抜けたら、大きく上がりそうだから、
抵抗線のちょっと上くらいに、新規で買いの注文を入れておこう。」

 

という風に、売買ポイントの目安として使われます。

 

また、今持っているポジションをどこで決済したら良いか迷った時は、
支持線と抵抗線を決済の目安として、考えることが出来ます。

 

例えば、買いのポジションを持っていて、利益が出ている場合

 

「この抵抗線は、なかなか超えられそうもないなぁ。
抵抗線近くになったら利益確定しよう。」

 

と考えられますし、

買いのポジションを持っていて、損益が出ている場合は

 

「この支持線を下抜けたら、大きく下がるかも知れないから、
支持線のちょっと下くらいで、損切りの注文を入れておこう。」

 

と考える事が出来ます。

 

このように、支持線と抵抗線は、とても便利で使いやすいものですが、

「ラインを抜けた!」と思ったら、
すぐにまたラインの中に戻ってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

トレンドラインと同じく、最初はどこにラインを引けば良いのか難しいと思います。
とにかくいろいろ引いてみて慣れていきましょう。

 

FX会社のチャートを活用しよう

FX会社では、高機能で使いやすいチャートが用意されていて、
複数のチャートを同時に1つの画面に表示出来たり、

 

チャートを重ねて表示出来たり、

レイアウトを自由に設定したりすることも出来ます。

 

また、「トレンドライン」等のラインを引くための機能や、
移動平均線」等、その他のテクニカル指標も充実していて、
様々なチャート分析(テクニカル分析)が行えるようになっています。

 

FX会社のチャートを活用して、相場のトレンド(方向性)を把握し、
FXの取引に役立てていきましょう!

 

 

 

 

チャート分析(トレンドライン)~FX初心者さんガイド~

FX

FXで利益を得るためには、

相場のトレンドを把握することが重要で、

その為にはチャート分析が欠かせません。

 

ではどのようにチャート分析を行えば
良いのでしょうか?

 

まずは、チャートラインを引いてみましょう。

 

ラインを引くことで、チャートを見ているだけでは分からなかった、
相場のトレンドが見えてきます。

 

多くの人達が注目し、チャート分析の中でも
FX初心者さんが、まず最初に学んでおきたい「トレンドライン」について
詳しく見ていきましょう。

 

トレンドラインを引いてみよう

トレンドラインとは、チャート分析で基本となるラインで、
トレンドラインを引くことで、為替のトレンド(方向性)を知ることが出来ます。

 

チャートを見て、

上がっていると思ったら、ローソク足の目立った安値安値を結び、

 

下がってると思ったら、ローソク足の目立った高値高値を結ぶと、
トレンドラインを引くことが出来ます。

 

 

FX

 

何もラインがないチャートより、為替のトレンドが掴みやすくなります。

 

上記のチャートを見ると、下降トレンドが終わって、
今は上昇トレンドだということが分かります。

 

トレンドラインを引く時は、
ラインからローソク足がはみ出さないように注意が必要です。

 

トレンドラインは、各FX会社のチャート上で引くことが出来ますが、
FX初心者さんは、印刷して自分の手で引いてみると良いでしょう。

 

トレンドラインの特徴を知ろう

上昇トレンドの時は、日々上がったり下がったり、

細かい上下運動を繰り返しながら、
だいたいトレンドラインに沿って上がっていくので、

 

トレンドラインより大きく下げない限り、そのままトレンドについていけば良い。
ということが分かります。

 

逆に、下降トレンドの時は、

だいたいトレンドラインに沿って、下がっていくので、
トレンドラインより大きく上げない限り、そのままついていけば良いでしょう。

 

上昇トレンドの時、トレンドラインを大きく下げた時は、
トレンドの変わり目で、

 

「これから下降トレンドに変わっていくかも知れない。」
と判断する事が出来ます。

 

また、トレンドラインから離れると、

トレンドラインまで戻ろうとする力が働くので、
大きく離れて上がっていった時は、

 

「もう少ししたらトレンドラインまで下がってくるかな。」

と考えることが出来ます。

 

 

FX

 

このように、

トレンドラインを引くことによって、いろいろなことが分かってきます。

 

トレンドラインに近づいた時に、エントリーして、
トレンドラインから離れた時に決済する。
という風に、トレンドラインの特徴を活かして取引することが出来ます。

 

※エントリーとは、新規注文をすることです。

 

FX初心者さんにとっては、

トレンドラインを引くのが難しいと思うかも知れませんが、

 

トレンドラインは人によって引き方も違いますし、
「これが正解!」と言えるものはありません。

 

何回も引きなおして、感覚を身につけていきましょう!

 

FX会社のチャートを活用しよう

FX会社では、高機能で使いやすいチャートが用意されていて、
複数のチャートを同時に1つの画面に表示出来たり、

 

チャートを重ねて表示出来たり、

レイアウトを自由に設定したりすることも出来ます。

 

また、「トレンドライン」等のラインを引くための機能や、
移動平均線」等、その他のテクニカル指標も充実していて、
様々なチャート分析(テクニカル分析)が行えるようになっています。

 

FX会社のチャートを活用して、相場のトレンド(方向性)を把握し、
FXの取引に役立てていきましょう!

 

 

 

 

FXの勝利のために為替の動きを分析~初心者さん向けに詳しく解説~

ネット副業

 

FXでは、為替レートが上がったり、下がったりと

変動することによって、利益を得ることができますが、

 

取引を始める時、どのように為替の動き

判断すれば良いのでしょうか。

 

これから為替レートが上がるのか、下がるのか

分からなければ、運に頼った取引になってしまいます。

 

それでは、利益をだすのは難しいですよね。

 

どのように為替の動きを分析すれば良いのか、

初心者さんにも分かりやすく詳しくご案内します。

 

為替レートはどうやって決まるのか

FXそもそも、為替レートはどのようにして

決まるのでしょうか?

 

為替レートは、2つの通貨の交換比率で決まります。

 

円と米ドルで説明すると、日本と米国を比較し、

どちらが強いかによって、円が買われたり、

 

ドルが買われたりすることによって、為替レートが決まります。

 

日本の経済状況が良く、日本の国力が高まっている。
となったとしても、

 

それ以上に米国の経済状況が良ければ、
米ドルが買われて、ドル高/円安になります。

 

このように、為替レートの動きを見るには、
1つの国だけの経済状況を見るのではなくて、

 

2つの国の経済状況を比較することが必要となります。

 

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析とは

為替レートの動きを分析する方法には、

「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」とがあります。

 

「テクニカル分析」とは、過去のチャートの値動きから、

未来の為替の動きを予測する方法です。

 

日々FX会社のチャートをチェックする事によって、

1日にどのくらいの値動きがあるかの感覚が身についてきますし、

 

毎日細かい上下運動を繰り返しながら、

為替レートが動いていくのが分かってくると思います。

 

チャートには、為替市場に参加している人達の、

心理状態行動が反映されていると言われています。

 

「ファンダメンタルズ分析」とは、

景気や金利などの経済動向から、為替を分析する方法です。

 

その国の経済動向を見るには、様々な要因がありますが、

中でも特に注目されているのは、経済指標、金融政策、要人発言になります。

 

それらによって、
景気が良くなっていると判断されれば、為替相場は上昇し、

 

逆に景気が悪くなっていると判断されれば、

為替相場は下落するという流れが多くなっています。

 

そして、過去にあった出来事から、

将来同じような事が起きたときの結果を、予測することも可能になります。

 

「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」は、

どちらか一方だけではなく、

バランス良く組み合わせて考えるようにしましょう。

 

為替の大きな流れは「ファンダメンタルズ分析」でつかみ、

売買のタイミングを測るのは「テクニカル分析」で、

 

という使い分けも出来ると思います。

 

為替相場の動き方の特徴

為替相場は大きく分けると、
レンジ相場トレンド相場かの2種類に分けられます。

 

レンジ相場とは、「保ち合い」とも言われ、一定の値幅のなかで

上がったり、下がったりを繰り返し、方向感のない相場のことです。

 

トレンド相場とは、上がっているか下がっているか方向性が見える相場で、

 

上がっている時は「上昇トレンド」

下がっている時は「下降トレンド」と呼ばれます。

 

基本的には、レンジ相場が7割、トレンド相場が3割と言われています。

 

見るチャートの足の長さによって、

レンジかトレンドかが変わってくるので注意が必要です。

 

例えば、

5分足~10分足の短い足のチャートでは、「上昇トレンド」に見えたけど、

日足や週足のチャートで見ると「下降トレンド」に見える。

 

という風に、見るチャートの足の長さによって、

景色が変わってくるので、しっかり見極めることが大事です。

 

 

FX

 

 

 

 

 

 

オススメのFX会社
DMM FX FX国内口座数第1位

全通貨ペアで業界最狭水準のスプレッド

GMOクリック証券【FXネオ】 FX取引高5年連続世界No.1
高水準のスワップポイントも人気
マネーパートナーズ
【パートナーズFX】
2016年オリコン日本顧客満足度
「FX取引」で第1位を獲得

 

FXを始めるには、口座開設が必要です。
まだFX口座をお持ちでない方は、まずは無料で口座開設を。

 

 

当サイトのご案内

guide-1

 

アフィリエイトをやってみたいけど、何から始めれば良いのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
アフィリエイトの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。
アフィリエイトを始めるための作業を分かりやすくご案内します。

 

アフィリエイトに本気で取り組みたい!アフィリエイトのノウハウを学びたい!
何か教科書的なものはないかなぁ~。
とお探しの方は『アンリミテッドアフィリエイトNEOって何?』へお進み下さい。

 

「アフィリエイトって何のこと?」
と、超ど素人だった私もこの「アンリミ」を手にして、
アフィリエイトをスタートしました。
きっとあなたの助けになってくれる教材です。

 

アフィリエイトを始めたのは良いけれど、
何だか分からない言葉だらけなんですけどぉ~。
とお悩みの方は
アフィリエイト用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」を解決~
へお進み下さい。
難しい専門用語ばかりで作業が進まない・・・。
なんてことにならないように、ぜひお役立て下さいませ。

 

FXに挑戦してみたいけど、どうすれば始められるのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
FXの始め方~初心者さんにオススメのFX会社は?~』へお進み下さい。
FXを始めるにはFX会社で口座開設が必要です。オススメのFX会社をご案内します。

 

FXを始めたのは良いけれど、分からない言葉が多すぎる・・・。
とお悩みの方は『FX用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~』へお進み下さい。
難しい専門用語を分かりやすく解説!

 

ブログに興味はあるけど、どうやって始めれば良いのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
ブログの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。
ブログはとっても簡単に誰でも始められるので、ぜひトライしてみましょう!

 

ネット副業で稼いだお金って確定申告って必要なのかな?
どうなんだろう・・・。
とお悩みの方は
副業をしている場合の確定申告について~初心者さんの「?」を解決~
へお進み下さい。
税金のこともきちんと考えておきましょう。

 

その他にも、『知って得するお金の話』や『ビジネス力に関すること』や
仕事術』なんかの記事もありますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

 

ネット副業

また、サイトマップから

記事を探すことも出来ますのでご活用下さい。

 

当サイトが少しでも皆様のお役に立てますように・・・。

 

0からアフィリエイトを学びたい初心者さんにはコレ!

 

unlimi-3

本気でアフィリエイトに挑戦したい! アフィリエイトを0から徹底的に学びたい! そんなあなたへオススメするのがこの『アンリミ』です。 0からの初心者さんの道しるべになってくれる一押し教材です。

 

おすすめのFX口座はこちら

DMM FX fx-ac(DMM-3)

GMOクリック証券【FXネオ】fx-ac(GMO-3)

マネーパートナーズ【パートナーズFX】fx-ac(money-3)

まだFX口座をお持ちでない方は、まずは無料で口座開設を。

管理人紹介
kiyoka-m

ネット副業案内人の清香です。

キャッシュポイント(収入源)が会社の給料1つだけしかない!ということに不安を覚えたのをきっかけにネット副業を始めました。

これからネット副業を始めたい初心者さんの為に、何をどうすれば良いのかを分かりやすくお伝えすべく、当サイトを作成しましたので、どうぞお役立て下さいませ。
詳しいプロフィールはこちら

クリック頂けると嬉しいです↓
当サイト内の記事一覧
キーワードで記事が探せます↓
最近の投稿

ページの先頭へ