FX用語集(ま~ら行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~

FX

FX会社で口座開設も終わって、
「さぁ、FXでお金を稼ぐぞ!」
とやる気マンマンで始めたのは良いけれど

 

「分からない言葉が多すぎる・・・。」
とお悩みのFX初心者さんへ。

 

FXでは日常の生活ではあまり目にしない、
難しい専門用語がたくさんあります。

 

そんな専門用語で悩んでつまずかない為に『FX用語集』を作成しました。
ぜひ、お役立て下さいませ。

窓(まど)

窓(まど)とは、ローソク足のチャートで、
ローソクとローソクの間にできる「空白」のことを言います。

 

普通なら、ローソク足の終値(おわりね)と、
次のローソク足の始値(はじめね)は、ほぼ同じになりますが、

 

ローソク足の終値(おわりね)が100円なのに、
次のローソク足の始値(はじめね)が約101円となり、
2本のローソクの間に空白が出来ることがあります。

 

これが『』で、『窓を空ける』と言われることもあります。
FXでは、しばしば金曜日と翌週の月曜日の間に窓が出来ることがあります。

 

チャートのローソク足についての詳細はこちらです
→ チャートの基本はローソク足

 

メジャー通貨/マイナー通貨

メジャー通貨とは、米ドルやユーロ、円、英ポンドやスイスフランなどのことで、
外国為替市場で取引量が多い通貨のことを言い、『主要通貨』とも呼ばれます。

 

それとは逆に、取引量が少ない南アフリカランドやトルコリラなどの、
メジャー通貨以外の通貨を『マイナー通貨』と言います。

 

マイナー通貨は、取引量が少ないため、
値動きが激しくなりやすく、リスクが高いとされています。

 

FXの通貨についての詳細はこちらです
→ FXの通貨ペアの特徴~初心者さんにオススメの通貨ペアは?~

 

陽線(ようせん)/陰線(いんせん)

陽線(ようせん)とは、チャートのローソク足で、
終値(おわりね)が始値(はじめね)より高く終わった時を示したもので、
陽線が続いていると上昇トレンドだということが分かります。

 

それとは逆で、終値が始値より安く終わった時を示したものを、
陰線(いんせん)』と言います。

 

陰線が続いていると下降トレンドだということが分かります。

 

チャートのローソク足についての詳細はこちらです
→ チャートの基本はローソク足

 

レジスタンスライン/サポートライン

レジスタンスラインとは、チャートの過去の高値を水平に結んだ線のことで、
抵抗線』とも呼ばれます。

 

それとは逆に、過去の安値を水平に結んだ線のことを『サポートライン』と言います。
サポートラインは、『支持線』とも呼ばれます。

 

上がってきたレートがレジスタンスラインに近づくと、
はね返されて下がりやすくなり、

 

下がってきたレートがサポートラインに近づくと、
はね返されて上がりやすくなります。

 

レジスタンス&サポートラインは注目度の高いラインで、
相場の転換点になりやすいラインとなります。

 

レジスタンス&サポートラインについての詳細はこちらです
→ チャート分析(支持線&抵抗線)

 

レバレッジ

レバレッジとは、少ない資金で大きな取引をすることが出来るFXの仕組みのことで、
日本語で「てこ」を意味します。

 

例えば、資金が10万円で50万円の取引をした時は、レバレッジは5倍、
資金が10万円で100万円の取引をした時は、レバレッジは10倍となります。

 

FXでは、最大25倍のレバレッジをかけることが出来ますが、
レバレッジが高くなれば、それだけリスクも高くなるので、
初心者の方はレバレッジが高くなり過ぎないように注意が必要です。

 

レバレッジについての詳細はこちらです
→ FXの魅力である『レバレッジ』と『スワップポイント』について

 

レンジ相場(ボックス相場)

レンジ相場とは、一定の値幅の中で上がったり下がったりを繰り返して、
方向感がなく横ばいに進んで行く相場のことを言い、

 

保ち合い(もちあい)』や『ボックス相場』とも呼ばれます。

 

為替市場では、大きく分けるとレンジかトレンドかどちらかになり、
レンジ相場であることが多いと言われます。

 

→ レンジ相場のトレード方法についてはこちらです

 

ロスカット

ロスカットとは、保有しているポジションに含み損が発生し、
その損失が一定のレベルに達すると、強制的に決済される仕組みのことです。

 

預けた証拠金の範囲内に損失がおさまるように、
FX会社によって、自動でロスカットされるようになっています。

 

自動ロスカットによって、証拠金以上の損失を防ぐことは出来ても、
やはり多くの資金を失ってしまうことになりますので、
そうならない為に、日々リスク管理をしっかりやっておきましょう!

 

リスク管理についての詳細はこちらです
→ FXで大切なリスク管理をしっかりしよう

 

ローソク足

ローソク足とは、チャートの種類の1つで、
見た目がローソクに似ているのでこの名前がつけられました。

 

1本のローソクの中に、
始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の
4つの値が示されていて、チャートの基本となるものです。

 

チャートのローソク足についての詳細はこちらです
→ チャートの基本はローソク足

 

 

 

FX用語集(な・は行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~

FX

FX会社で口座開設も終わって、
「さぁ、FXでお金を稼ぐぞ!」
とやる気マンマンで始めたのは良いけれど

 

「分からない言葉が多すぎる・・・。」
とお悩みのFX初心者さんへ。

 

FXでは日常の生活ではあまり目にしない、
難しい専門用語がたくさんあります。

 

そんな専門用語で悩んでつまずかない為に『FX用語集』を作成しました。
ぜひ、お役立て下さいませ。

 

成行(なりゆき)

成行(なりゆき)とは、
価格を指定せずに、画面に表示されているレートで売買するFXの注文方法です。

 

「今買いたい(売りたい)。」という時に使用します。

 

成行注文は、FXの注文方法の中で、
最も簡単でスピーディーな注文方法となりますので、
初心者の方は、まず1番最初に覚えておきましょう。

 

今現在の価格が取引したい価格と違う時は、
価格を指定出来る『指値(さしね)注文』を使うと便利です。

 

FXの注文方法についての詳細はこちらです
→ 取引スタート!FXの注文方法について学ぼう

 

難平(ナンピン)

難平(ナンピン)とは、
保有しているポジションに損失が出ている時に、更にポジションを増やすことです。

 

例えば、米ドルが100円の時に1万ドル買ったとします。
その後、為替が予想と反して98円まで下がってしまいました。

 

現在の損失を元に戻すためには、為替が2円上昇してくれないといけませんが、
98円に下がった時に更に1万ドル買うと、
為替が1円上昇してくれれば損失が元に戻せます。

 

ですが、更に為替が下降してしまうと、損失がドンドン多くなるので、
初心者の方にはおすすめ出来ません。

 

※私自身も初心者の頃に、このナンピン買いをして損失が増えてしまったので、
お気を付け下さい。

 

始値(はじめね)

始値(はじめね)とは、その期間が始まった時に最初につけた値段のことです。

 

チャートの基本であるローソク足には、4つの値段が示されていて、
始値の他に、その期間が終わる時に最後につけた値段の『終値(おわりね)』、

 

その期間で最も高かった値段の『高値(たかね)』、
その期間で最も安かった値段の『安値(やすね)』があります。

 

そして、この4つの値段のことを『四本値(よんほんね)』と言います。

 

チャートのローソク足についての詳細はこちらです

→ チャートの基本はローソク足

 

ハト派/タカ派

ハト派とは、経済状況に対して慎重な見方をすることや、
利上げ反対派のことを言います。

 

それとは逆に、経済状況に対して強気な考えや、
利上げ賛成派のことを『タカ派』と言います。

 

FXのマーケットニュースなどで、よく目にする言葉なので覚えておきましょう。

 

評価損益(ひょうかそんえき)/含み損益(ふくみそんえき)

評価損益(ひょうかそんえき)とは、
未決済で保有しているポジションを、今決済した場合にいくらの損失、

 

またはいくらの利益になるかを示したもので、
含み損益(ふくみそんえき)』とも呼ばれます。

 

米ドルが100円の時に1万ドル買い、
その後米ドルが99円まで下がると、そのポジションには1万円の評価損が発生し、
その逆に、米ドルが101円まで上がると、1万円の評価益が発生します。

 

新規注文が確定した後は、「建玉一覧」で評価損益を確認することが出来ます。

 

ファンダメンタルズ分析/テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析とは、
景気や金利などの経済動向から、未来の為替の動きを予測する方法です。

 

それとは異なり、過去のチャートの値動きを分析し、
未来の為替の動きを予測する方法のことを『テクニカル分析』と言います。

 

「ファンダメンタルズ分析」で、
これから為替が上がるのか下がるのか、大きな流れを確認して、
「テクニカル分析」で売買ポイントを見極める。

 

という風にバランス良く組み合わせて考えましょう。

 

為替の分析についての詳細はこちらです
→ FXで勝利するために為替の動きを分析しよう

 

ブレイクアウト

ブレイクアウトとは、レンジ相場の高値か安値の
どちらかを抜けていくのを狙って、トレードする戦略のことを言います。

 

例えば、米ドルが100円と103円の間で、
行ったり来たりを繰り返しているレンジ相場が続いている時に、
103円を上に抜けた時は、そのまま上昇する可能性があるので「買い」、

 

逆に100円を下に抜けた時は、
そのまま下降する可能性があるので、「売り」の取引をします。

 

→ ブレイクアウトについてはこちらです

 

ポジション

ポジションとは、新規注文が成立して、未決済で保有している通貨ペアのことで
建玉(たてぎょく)』とも呼ばれます。

 

買いの取引では「買いポジション」、売りの取引では「売りポジション」と呼ばれ、
新規の注文をすることを「ポジションを建てる」とも言われます。

 

 

 

 

FX用語集(た行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~

FX

FX会社で口座開設も終わって、
「さぁ、FXでお金を稼ぐぞ!」
とやる気マンマンで始めたのは良いけれど

 

「分からない言葉が多すぎる・・・。」
とお悩みのFX初心者さんへ。

 

FXでは日常の生活ではあまり目にしない、
難しい専門用語がたくさんあります。

 

そんな専門用語で悩んでつまずかない為に『FX用語集』を作成しました。
ぜひ、お役立て下さいませ。

 

建玉(たてぎょく)

建玉(たてぎょく)とは、新規注文が成立して、
まだ決済せずに保有している通貨ペアのことで、『ポジション』とも呼ばれます。

 

買いの取引では「買建玉」、売りの取引では「売建玉」といい、
買建玉は「ロングポジション」、売建玉は「ショートポジション」とも呼ばれます。

 

新規注文が成立した後は建玉一覧で、今現在の損益状況を確認することが出来ます。

 

だまし

だましとは、テクニカル分析において売買のサインが現われたと思ったら、
またすぐに元に戻ってしまうことを言います。

 

例えば、

移動平均線」で買いのシグナルである「ゴールデンクロス」が現われた時に、
買いの注文をしたけど、またすぐに相場が下がり出す。

 

といったことが起きますが、これが『だまし』と呼ばれるものです。

 

移動平均線についての詳細はこちらです
→ チャート分析(移動平均線の種類とシグナル)

 

チャート

チャートとは、過去の値動きを記録したグラフのことで、
FXの取引をする人にとって、必須アイテムとなります。

 

チャートには様々な種類がありますが、基本はローソク足で、
1時間足や日足(ひあし)など、期間によって表示させることも出来ます。

 

為替相場の流れを判断するためには、チャートは欠かせないものなので、
チャートの見方をしっかり学んでいきましょう!

 

チャートについての詳細はこちらです
→ チャートの見方~チャートを制する者はFXを制する~

 

通貨ペア

通貨ペアとは、FXで取引する2国の通貨の組合せのことです。

 

代表的な通貨ペアには、

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)

 

などがあり、
FX会社によって日本語表記ではなく、通貨コードで表記されることもあります。

 

上記のような代表的な通貨ペアは、どのFX会社でも取り扱っていますが、
マイナー通貨になると、FX会社によって取り扱っている通貨ペアは異なります。

 

通貨ペアによって、スワップポイントスプレッドも異なり、
値動きにも特徴がありますので、
自分にあった通貨ペアを見つけて、取引していくようにしましょう。

 

通貨ペアについての詳細はこちらです
→ FXの通貨ペアの特徴~初心者さんにオススメの通貨ペアは?~

 

抵抗線/支持線

抵抗線とは、チャートの過去の高値を水平に結んだ線のことで、
レジスタンスライン』とも呼ばれます。

 

それとは逆に、過去の安値を水平に結んだ線のことを『支持線』と言います。

支持線は、『サポートライン』とも呼ばれます。

 

上がってきたレートが抵抗線に近づくと、はね返されて下がりやすくなり、
下がってきたレートが支持線に近づくと、はね返されて上がりやすくなります。

 

抵抗線と支持線は注目度の高いラインで、

相場の転換点になりやすいラインとなります。

 

抵抗線と支持線についての詳細はこちらです
→ チャート分析(支持線&抵抗線)

 

デイトレード(デイトレ)

デイトレードとは、その名の通り1日で、
新規注文から決済注文までを終わらせるトレードスタイルのことで、
デイトレ』と略して呼ばれることが多いです。

 

FXのトレードスタイルにはデイトレードの他に、

 

数秒から数分で取引を終える『スキャルピング』や、
数日から数週間で取引をする『スウィングトレード』があります。

 

FX初心者さんには、
為替の急激な変動を受けにくい、短期トレード(1日~数日間)がオススメです。

 

FXのトレードスタイルについての詳細はこちらです
→ FXのトレード(取引)スタイルを学ぼう

 

テクニカル分析/ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析とは、
過去のチャートの値動きを分析し、未来の為替の動きを予測する方法です。

 

それとは異なり、景気や金利などの経済動向から、
未来の為替の動きを予測する方法のことを『ファンダメンタルズ分析』と言います。

 

「ファンダメンタルズ分析」で、
これから為替が上がるのか下がるのか、大きな流れを確認して、
「テクニカル分析」で売買ポイントを見極める。

 

という風にバランス良く組み合わせて考えましょう。

 

為替の分析についての詳細はこちらです
→ FXで勝利するために為替の動きを分析しよう

 

デッドクロス/ゴールデンクロス

デッドクロスとは、
「売り」のチャンスを示す最も有名なトレードのシグナルのことです。

 

FXのチャート分析で使われる「移動平均線」で、
短期線が長期線を上から下に突き抜けていくところが、
「売り」のシグナルである『デッドクロス』となります。

 

それとは反対に、
移動平均線の短期線が長期線を、下から上に突き抜けていくところが
「買い」のシグナルである『ゴールデンクロス』となります。

 

移動平均線のシグナルについて詳しくはこちらです
→ チャート分析(移動平均線の種類とシグナル)

 

 

 

 

FX用語集(さ行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~

FX

FX会社で口座開設も終わって、
「さぁ、FXでお金を稼ぐぞ!」
とやる気マンマンで始めたのは良いけれど

 

「分からない言葉が多すぎる・・・。」
とお悩みのFX初心者さんへ。

 

FXでは日常の生活ではあまり目にしない、
難しい専門用語がたくさんあります。

 

そんな専門用語で悩んでつまずかない為に『FX用語集』を作成しました。
ぜひ、お役立て下さいませ。

 

差金(さきん)決済

差金(さきん)決済とは、
最初にする取引(新規取引)の時に、代金を全額支払うのではなく、
決済の取引の時に、その取引での差額だけをやり取りする取引のことです。

 

通常の買い物だと、何かを買う時はその代金を全額支払って購入しますが、
FXでは、新規取引後は決済取引をする(買ったらいつかは売る)ことが前提なので、
差額だけのやり取りである「差金(さきん)決済」となります。

 

ちょっと分かりにくいと思いますので、もう少し詳しく説明すると、

 

例えば、100万円分の米ドルを買って、
その後、米ドルの価値が上がり、110万円になった時に決済したとします。

 

その時、100万円を払ったり、110万円を受け取ったりするわけではなくて、
差額の10万円だけを受け取ることになります。

 

指値(さしね)/逆指値(ぎゃくさしね)

指値(さしね)とは、

今より有利で自分が売買したい価格を指定出来るFXの注文方法です。

 

「今は米ドルが100円だけど、95円まで下がったら買いたい。」や
「今は米ドルが100円だけど、105円まで上がったら売りたい。」と

 

今現在のレートよりも安く買いたい、高く売りたい。時に使います。

 

それとは逆に、
今よりも不利な価格を指定する注文方法を『逆指値(ぎゃくさしね)』と言います。

 

為替レートはリアルタイムに変化していて、
今現在の為替レートが自分の取引したい価格と違う時や、

 

会社員の人など、
日中チャートを見ることが出来ない人などにも便利な注文方法です。

 

FXの注文方法についての詳細はこちらです
→ 取引スタート!FXの基本の注文方法について学ぼう

 

資源国通貨

資源国通貨とは、石油や鉄鉱石や金などの鉱物資源や農産物などを産出し、
それらを輸出している国の通貨のことです。

 

代表的な資源国通貨には下記の3つがあります。

 

  • オーストラリアドル(AUD)
  • ニュージーランドドル(NZD)
  • カナダドル(CAD)

 

資源国通貨の特徴としては、資源の価格や輸出先の国の影響を受けやすくなります。

 

例えばオーストラリアは、
石油や鉄鉱石や金の輸出が盛んなので、それらの価格に影響を受けますし、

 

大きな輸出先は中国になるので、中国の経済状況などが
オーストラリアドル(AUD)の為替レートに影響を及ぼします。

 

FXの通貨についての詳細はこちらです
→ FXの通貨ペアの特徴~初心者さんにオススメの通貨ペアは?~

 

順張り(じゅんばり)/逆張り(ぎゃくばり)

順張り(じゅんばり)とは、トレンドの方向に従ってトレード(取引)することで、
トレンドフォロー」とも言われます。

 

為替が上昇トレンドの時は「買い」、下降トレンドの時は「売り」の取引で、
そのままトレンドの流れについていけば良いので、
FX初心者さんにもオススメの手法となります。

 

それとは逆に、トレンドの方向に反してトレード(取引)することを、
逆張り(ぎゃくばり)』と言います。

 

FXのトレード(取引)手法についての詳細はこちらです
→ 自分のトレード(取引)手法を見つけよう

 

証拠金

証拠金とは、FXの取引を行うために、FX会社に担保として預けるお金のことです。

 

FXを始めるにはまず最初に口座開設後、証拠金を入金することになります。

 

FXでは、『レバレッジ』と呼ばれる仕組みがあるので、
自分で預けた証拠金以上の取引が可能となります。

 

例えば、証拠金が10万で100万円の取引を行うことも出来ます。

 

レバレッジについての詳細はこちらです
→ FXの魅力である『レバレッジ』と『スワップポイント』について

 

ショート/ロング

ショートとは、FXで「売り」の取引のことを言い、
それとは逆に「買い」のことを『ロング』と言います。

 

FXではショート(売り)からでも取引することが出来るので、
円高の時でも利益を得るチャンスがありますが、

 

米ドル/円の場合はショート(売り)だと、
スワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

 

スワップポイントについての詳細はこちらです
→ FXの魅力である『レバレッジ』と『スワップポイント』について

 

スプレッド

スプレッドとは、売値と買値の差のことを言います。

 

売値は買値より安くなるので、外貨を買った瞬間に売ろうとすると、
買値より安い値段で売ることになり、損してしまうことになります。

 

新規注文から決済注文までの期間が長い時は、それほど気にする必要はないですが、
短期の取引をする時は注意が必要で、スプレッドは小さいほど有利となります。

 

スプレッドは通貨やFX会社によっても異なるので、
FX会社を選ぶ時はスプレッドのことも考えるようにしましょう。

 

→ オススメのFX会社はこちらです

 

スリッページ

スリッページとは、注文した価格と実際に約定された価格の差のことを言います。

 

為替レートはリアルタイムに変化しているので、注文を出してから、
FX会社のサーバーを通じて、注文が確定するまでの、わずかな時間差により、
自分が注文した価格と違う価格で約定することがあります。

 

『スリッページ』は自分にとって不利に約定してしまうこともありますので、
その価格のズレの問題を解消するために、
注文時に「許容スリッページ」の幅を設定することが出来ます。

 

ですが、この幅を小さくしすぎると、
なかなか注文が確定しないことになりますのでご注意下さい。

 

→ スリッページについて詳しくはこちらです

 

スワップポイント

スワップポイントとは、2通貨の金利の差から得られる利益のことで、
高金利通貨を買ってポジションを保有していると、
その間毎日『スワップポイント』を受け取ることが出来ます。

 

ですが、逆に高金利通貨を売りでポジションを保有していると、
『スワップポイント』を支払うことになりますので注意が必要です。

 

『スワップポイント』は、日々変化しますし、FX会社によっても異なるので、
ホームページで確認するようにしましょう!

 

→ スワップポイントについて詳しくはこちらです

 

損切り

損切りとは、為替相場が自分の予想と反対方向に進んでしまって、
保有しているポジションに損失が出ている時に、
その損失を出来るだけ小さく抑える為に、諦めて決済することです。

 

損切りは、損失を出してしまうので、
FX初心者さんにとって実際に実行するのは、なかなか難しいことですが、
損切りはFX取引のリスク管理において、とても重要なものになります。

 

リスク管理についての詳細はこちらです
→ FXで大切なリスク管理をしっかりしよう

 

 

 

 

FX用語集(か行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~

FX

FX会社で口座開設も終わって、
「さぁ、FXでお金を稼ぐぞ!」
とやる気マンマンで始めたのは良いけれど

 

「分からない言葉が多すぎる・・・。」
とお悩みのFX初心者さんへ。

 

FXでは日常の生活ではあまり目にしない、
難しい専門用語がたくさんあります。

 

そんな専門用語で悩んでつまずかない為に『FX用語集』を作成しました。
ぜひ、お役立て下さいませ。

 

為替レート

為替レートとは、2つの通貨を交換する時の取引価格のことです。

 

よくニュースなどで「1ドル〇〇円〇〇銭・・・」などと言っているのを
耳にすると思いますが、これが米ドル/円の為替レートとなります。

 

為替レートは、経済状況やニュース、
その他さまざまな要因によって常に変動していて、
FXではこの為替レートの変動によって利益を得ることが出来ます。

 

為替レートについて詳しくはこちらです
→ FXで勝利するために為替の動きを分析しよう

 

逆指値(ぎゃくさしね)/指値(さしね)

逆指値(ぎゃくさしね)とは、

自分が売買したい価格を指定出来るFXの注文方法で、

 

今より有利な価格を指定する『指値(さしね)』とは逆で、
今よりも不利な価格を指定する注文方法となります。

 

「今は米ドルが100円だけど、101円まで上がったら買いたい。」や
「今は米ドルが100円だけど、99円まで下がったら売りたい。」と

 

今現在のレートよりも高く買いたい、安く売りたい。時に使います。

 

為替レートはリアルタイムに変化していて、
今現在の為替レートが自分の取引したい価格と違う時や、

 

会社員の人など、
日中チャートを見ることが出来ない人などにも便利な注文方法です。

 

FXの注文方法についての詳細はこちらです
→ 取引スタート!FXの基本の注文方法について学ぼう

 

逆張り(ぎゃくばり)/順張り(じゅんばり)

逆張り(ぎゃくばり)とは、
トレンドの方向に反してトレード(取引)することを言います。

 

為替が上昇トレンドの時は「売り」、下降トレンドの時は「買い」と、
反発するのを狙って取引する方法となります。

 

それとは逆に、トレンドの方向に従ってトレード(取引)することを、
順張り(じゅんばり)』と言います。

 

そのままトレンドの流れについていけば良いので、FX初心者さんには、
逆張りよりも順張りの方が良いと言われています。

 

FXのトレード(取引)手法についての詳細はこちらです
→ 自分のトレード(取引)手法を見つけよう

 

クロス円/ドルストレート

クロス円とは、米ドル/円を除く、外国通貨と円の通貨ペアのことを言い、
ユーロ/円や英ポンド/円や豪ドル/円などが「クロス円」になります。

 

また、米ドル/円やユーロ/米ドルなど、
米ドルが絡んだ通貨ペアのことを『ドルストレート』と言います。

 

FXの通貨ペアについて詳しくはこちらです
→ FXの通貨ペアの特徴~初心者さんにオススメの通貨ペアは?~

 

経済指標

経済指標とは、各国が発表している「経済に関連する統計」のことで、
経済指標が発表されると為替が急変することが多々あります。

 

経済指標は毎日各国で発表されますが、最も影響力があるのはアメリカで、
その中でも雇用統計GDP消費者物価指数貿易収支などは、
とても注目度の高い経済指標になります。

 

為替を動かす要因の1つである経済指標の発表をチェックすることは、
FXの取引においてとても重要になりますので、
重要度の高いものだけでもチェックするようにしましょう。

 

尚、各国の経済指標の発表スケジュールは、
FX会社のHPで確認出来ますので、そちらでチェックしましょう。

 

為替が動く要因について詳しくはこちらです
→ 為替が動く要因とは?

 

ゴールデンクロス/デッドクロス

ゴールデンクロスとは、
買いのチャンスを示す最も有名なトレードのシグナルのことです。

 

FXのチャート分析で使われる「移動平均線」で、
短期線が長期線を下から上に突き抜けていくところが、
買いのシグナルである『ゴールデンクロス』となります。

 

それとは反対に、
移動平均線の短期線が長期線を、上から下に突き抜けていくところが
売りのシグナルである『デッドクロス』となります。

 

移動平均線のシグナルについて詳しくはこちらです
→ チャート分析(移動平均線の種類とシグナル)

 

雇用統計(米国)

雇用統計とは、雇用状況を示す経済指標のことで、
毎月第1金曜日に発表されるアメリカの雇用統計は、
数ある経済指標の中で最も注目度の高い経済指標となります。

 

雇用統計の中でも、「非農業部門雇用者数」と「失業率」の2つが、
アメリカの景気動向を示すものとして重要視されています。

 

雇用統計が発表された後に、
為替レートが大きく動くことがあるので、注意しておきましょう!

 

為替が動く要因について詳しくはこちらです
→ 為替が動く要因とは?

 

 

 

 

FX用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~

FX

FX会社で口座開設も終わって、
「さぁ、FXでお金を稼ぐぞ!」
とやる気マンマンで始めたのは良いけれど

 

「分からない言葉が多すぎる・・・。」
とお悩みのFX初心者さんへ。

 

FXでは日常の生活ではあまり目にしない、
難しい専門用語がたくさんあります。

 

そんな専門用語で悩んでつまずかない為に『FX用語集』を作成しました。
ぜひ、お役立て下さいませ。

 

IFD(イフダン)

IFD(イフダン)とは、「If done order」の略で、
新規注文と決済注文の2つを同時に出すことが出来るFXの注文方法です。

 

新規注文が約定したら、自動的に決済注文が発注されます。

 

→ IFD(イフダン)注文の詳細はこちら

 

IFDOCO(イフダンオーシーオー)

IFDOCO(イフダンオーシーオー)とは、
IFDとOCOを組み合わせたFXの注文方法で、新規の注文が約定すると、
2つの注文(利益確定と損切り)が自動的に発注されます。

 

IFDOCOを使えば自動売買が可能なので、
ずっとチャートを見ていられない忙しい会社員などの人には、
とても便利な注文方法です。

 

→ IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文の詳細はこちら

 

陰線(いんせん)/陽線(ようせん)

陰線(いんせん)とは、チャートのローソク足で、
終値(おわりね)が始値(はじめね)より安く終わった時を示したもので、
陰線が続いていると下降トレンドだということが分かります。

 

陰線の逆で、終値が始値より高く終わった時を示したものを、
陽線(ようせん)』と言います。

 

陽線が続いていると上昇トレンドだということが分かります。

 

チャートのローソク足についての詳細はこちらです

→ チャートの基本はローソク足

 

円高/円安

円高とは、米ドルやユーロなどの外国通貨に対して、

円の価値が上がることを言います。

 

例えば、1米ドル=100円から1米ドル=90円になった時は、10円の円高となります。

 

逆に、外国通貨に対して円の価値が下がることを『円安』と言います。

 

FXは「外国通貨を買う」取引だけではなく、

「外国通貨を売る」取引も出来るので、
円高の時でも円安の時でも稼ぐチャンスがあります。

 

外国通貨の価値が下がる円高の時は、「外国通貨を売る」取引、
その反対に円安の時は、

「外国通貨を買う」取引を行えば利益を得ることが出来ます。

 

OCO(オーシーオー)

OCO(オーシーオー)とは、
「One Cancels the Other」の略で、2つの注文を同時に出せるFXの注文方法です。

 

新規注文でも決済注文でも使用出来て、2つの注文のうち片方の注文が約定すると、
自動的にもう片方の注文はキャンセルされます。

 

決済注文で使用する時は、損切りと利益確定の2つの注文が同時に出せるので、
FX初心者さんにとっては、リスク管理の上で頼りになる注文方法です。

 

上手く利用しましょう。

 

→ OCO(オーシーオー)注文の詳細はこちら

 

押し目/押し目買い

押し目とは、上昇トレンドの時に、一時的に下がった時の安値のことを言い、
この安値で買いの取引をすることを『押し目買い』と言います。

 

逆に、下降トレンドの時に、一時的に上がった時の高値のことを『戻り』と言い、
この高値で売りの取引をすることを『戻り売り』と言います。

 

為替レートは、細かい上下運動を繰り返しながら、上昇したり下降したりしています。

 

→ 押し目買い、戻り売りの詳細はこちら

 

 

 

 

当サイトのご案内

guide-1

 

アフィリエイトをやってみたいけど、何から始めれば良いのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
アフィリエイトの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。
アフィリエイトを始めるための作業を分かりやすくご案内します。

 

アフィリエイトに本気で取り組みたい!アフィリエイトのノウハウを学びたい!
何か教科書的なものはないかなぁ~。
とお探しの方は『アンリミテッドアフィリエイトNEOって何?』へお進み下さい。

 

「アフィリエイトって何のこと?」
と、超ど素人だった私もこの「アンリミ」を手にして、
アフィリエイトをスタートしました。
きっとあなたの助けになってくれる教材です。

 

アフィリエイトを始めたのは良いけれど、
何だか分からない言葉だらけなんですけどぉ~。
とお悩みの方は
アフィリエイト用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」を解決~
へお進み下さい。
難しい専門用語ばかりで作業が進まない・・・。
なんてことにならないように、ぜひお役立て下さいませ。

 

FXに挑戦してみたいけど、どうすれば始められるのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
FXの始め方~初心者さんにオススメのFX会社は?~』へお進み下さい。
FXを始めるにはFX会社で口座開設が必要です。オススメのFX会社をご案内します。

 

FXを始めたのは良いけれど、分からない言葉が多すぎる・・・。
とお悩みの方は『FX用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~』へお進み下さい。
難しい専門用語を分かりやすく解説!

 

ブログに興味はあるけど、どうやって始めれば良いのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
ブログの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。
ブログはとっても簡単に誰でも始められるので、ぜひトライしてみましょう!

 

ネット副業で稼いだお金って確定申告って必要なのかな?
どうなんだろう・・・。
とお悩みの方は
副業をしている場合の確定申告について~初心者さんの「?」を解決~
へお進み下さい。
税金のこともきちんと考えておきましょう。

 

その他にも、『知って得するお金の話』や『ビジネス力に関すること』や
仕事術』なんかの記事もありますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

 

ネット副業

また、サイトマップから

記事を探すことも出来ますのでご活用下さい。

 

当サイトが少しでも皆様のお役に立てますように・・・。

 

0からアフィリエイトを学びたい初心者さんにはコレ!

 

unlimi-3

本気でアフィリエイトに挑戦したい! アフィリエイトを0から徹底的に学びたい! そんなあなたへオススメするのがこの『アンリミ』です。 0からの初心者さんの道しるべになってくれる一押し教材です。

 

おすすめのFX口座はこちら

DMM FX fx-ac(DMM-3)

GMOクリック証券【FXネオ】fx-ac(GMO-3)

マネーパートナーズ【パートナーズFX】fx-ac(money-3)

まだFX口座をお持ちでない方は、まずは無料で口座開設を。

管理人紹介
kiyoka-m

ネット副業案内人の清香です。

キャッシュポイント(収入源)が会社の給料1つだけしかない!ということに不安を覚えたのをきっかけにネット副業を始めました。

これからネット副業を始めたい初心者さんの為に、何をどうすれば良いのかを分かりやすくお伝えすべく、当サイトを作成しましたので、どうぞお役立て下さいませ。
詳しいプロフィールはこちら

クリック頂けると嬉しいです↓
当サイト内の記事一覧
キーワードで記事が探せます↓
最近の投稿

ページの先頭へ