仕事に役立つExcel術(検索と置換を使いこなして効率アップ)

ネットで稼ぐ

 

仕事の効率アップに
ぜひ覚えてもらいたい機能があります。

 

それは、『検索と置換』です。

 

これは、使っている人と使ってない人とでは、
仕事の速さにかなりの差が出てしまうと思います。

 

今まで『検索と置換』を使ってなかった方は、
今日から劇的に仕事のスピードがアップするでしょう!

 

ぜひ、使ってみて下さい。

 

探したい文字がある時は「検索」を使おう

例えば、大量のデータの表の中から
「この文字を探したい!」
って時ありますよね。

 

自力で1つ1つ見ながら探していくのは、あまりにもしんどすぎます。

 

「サクッと一瞬で探したい文字が探せたら良いのに・・・」
と思いませんか?

 

なんと、『検索』を使えば、サクッと一瞬で探したい文字が探せるのです。
これは、本当に頼もしい!

 

それでは、どのように『検索』を使えば良いのか見ていきましょう。

 

 

検索の使い方

例えば、表の中から「ネット副業」という文字を探したいとします。

 

まず最初に、検索したい範囲を選択します。(マウスでドラッグ)

 

 

ネット副業

 

次に、『Ctrl + F(Ctrlキーを押しながら、F キーを押す)』を押します。

 

すると、「検索と置換」のダイアログボックスが出てきますので、
「検索する文字列」に検索したい文字を入力するので、

 

今回は「ネット副業」と入力し(図の1)、
「すべて検索」or「次を検索」をクリックします(図の2)。

 

 

ネット副業

 

これで、「ネット副業」と入力されているセルが選択されます。

 

『検索』を終了する時は、「閉じる」をクリックします(図の3)。

 

検索する時に、範囲を選択しない場合は、
シート全体から検索されるので、必要に応じて使い分けて下さい。

 

 

文字を置き換えたい時は「置換」を使おう

大量のデータを打ち終えて
「やっと表が完成した~!」
と喜んでいる所に、修正依頼が・・・。

 

なんてこと、本当によくありますよね。

 

例えば、下記の表のように「ネット副業」で入力しているのを、
ネットビジネス」に修正しなければいけなくなってしまいました。

 

数が少なければ、なんてことないですが、
大量のデータとなれば話は違います。

 

「せっかく頑張って作成したのに・・・。」
「もっと、早く言ってよ~」

 

と、半泣き状態になるところですが大丈夫です。
ご安心下さい。

 

置換』を使えば、あっという間に文字を置き換えることが出来るのです。

 

ネット副業

 

それでは、どのように『置換』を使えば良いのか見ていきましょう。

 

 

置換の使い方

まず最初に、置換したい範囲を選択します。(マウスでドラッグ)

 

 

ネット副業

 

 

次に、『Ctrl + F(Ctrlキーを押しながら、F キーを押す)』を押します。

 

すると、「検索と置換」のダイアログボックスが出てきますので、
「置換」のタグをクリックします(図の1)。

 

そして、「検索する文字列」に「ネット副業」と入力し、
「置換後の文字列」に「ネットビジネス」と入力し(図の2)、

 

「すべて置換」をクリックします(図の3)。

 

 

ネット 稼ぐ

 

これで、「ネット副業」が「ネットビジネス」に置き換えられます。

 

『置換』を終了する時は、「閉じる」をクリックします(図の4)。

 

置換をする時に、範囲を選択しなければ
シート全体の文字が置き換えられてしまうので、

 

選択範囲を指定したい時は、
マウスで範囲選択するのを忘れないようにしましょう。

 

 

消したい文字がある時は

例えば「収益」の「円」の文字を消して数字だけにしたい時は、
まず、検索したい範囲を選択します。(マウスでドラッグ)

 

 

ネット 稼ぐ

 

そして、「検索する文字列」に「円」と入力し、
「置換後の文字列」を空白にし(図の1)、

 

「すべて置換」をクリックします(図の2)。

 

 

ネット 稼ぐ

 

これで、下図のように「円」の文字を消して、
数字のみにすることが出来ます。

 

 

ネット 稼ぐ

 

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事に役立つExcel術(VLOOKUP関数を使って効率アップ)

ネット副業

 

Excel」は仕事には欠かせないソフトですよね。

 

その中でも、
Excelの「関数」という魔法のツールを
使いこなせるか否かで、

 

仕事の効率が格段に違ってきます。

 

「関数ってなんだか難しそう・・・。」
と思われる方もいるかも知れませんが、

 

難しいと感じるのは最初だけです。

 

慣れてしまえば、
とても便利なものなので少しずつ覚えていきましょう!

 

このページでは、

 

  • VLOOKUP関数

 

についてご紹介していきます。

 

別表のデータとも簡単照合が出来、
リスト入力作業が格段に楽になる関数です。

 

使い方は、少しややこしいですが、
使いこなせるようになると、とても便利なものになります。

 

「ところで関数って何ですか?」
という初心者さんはこちらからお読み下さい。
関数の基本を知ろう

 

VLOOKUP関数

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数は、
別表にある条件に合致したデータを表示する関数です。

 

品番を入力したら、別にある品番リストから、

対応する商品名や価格を、自動で表示したい時などに使います。

 

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数の使い方は、
=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

ネット副業

 

上図のように、品番を入力すると、
別表の製品リストの「製品名」と「単価」を自動で入力したい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →

 

関数の挿入ダイアログボックスが出る →
関数名で「VLOOKUP」を選択 → OK →

 

(関数名に任意のものが表示されてない時は、
上部にある「関数の検索」に関数名を入力し、「検索開始」をクリックする)

 

「検索値」には、品番のセルを入力するので、「A2」と入力する →

 

「範囲」には、別表の製品リストを指定するので、
「G3~I7」をマウスで範囲選択する

 

(この時、セル範囲を「絶対参照」にしたいので、
範囲選択した後に、「F4」キーを押し、「$」マークを付ける) →

 

「列番号」には、別表の製品リストの、何列目のデータを取り出すか、

を指定するので、「2」と入力する →

 

「検索方法」には、検索値である品番と別表の製品リストの品番が、
完全に一致するので、「FALSE」と入力する → OKをクリック

 

すると、品番に対応した「製品名」が表示されます。

 

ネット副業

 

同じように「単価」も自動で表示させたいので、
関数式の入ったセルをコピー(ドラッグでも可)します。

 

すると、「検索値」のセルがずれてしまうので「B2」→「A2」に修正し、
「列番号」は今回は3列目なので、「3」に修正します。

 

これで、「単価」も表示させることが出来ました。
後は、計算式を下のセルに、コピー(ドラッグでも可)すればOKです。

 

「検索方法」を「TRUE」にすると・・・

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数の、
「検索方法」を「TRUE」にすると、完全一致ではなく、

 

検索値以下で最も近い数値」を表示することが出来ます。

 

ネットで稼ぐ

 

上図のように、
重量が0~1kg未満なら250円、1kg~5kg未満なら500円などの、

 

重量別の「運送代リスト」から
指定した重量に対応する運送代を調べたい時は、

 

下図のように「検索方法」に「TRUE」を指定します。

 

ネットで稼ぐ

 

すると、「運送代リスト」の「0,1,5,10」の中で、

 

「0.5」以下で最も近い数値の「0」が合致し、
「運送代」に「250」が表示されます。

 

別表が昇順(小さい順)に並んでいないといけないので、注意が必要です。

 

「エラーコード」を表示させたくない時は

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数が入力されている表で、
「検索値」である「品番」が空欄になっていると、

 

エラーコード」が表示されます。

 

ネットで稼ぐ

 

この「エラーコード」を表示させたくない時は、
IF関数を使って、品番が「空欄」なら、「空欄」を、

 

そうでなければ、
VLOOKUP(ブイルックアップ)関数の
計算結果を表示させる指示をします。

 

入力方法は

=IF(A3="","",VLOOKUP(A3,$G$3:$I$7,2,FALSE))」となります。

 

空欄は「""」(ダブルクォーテーション2つ)を入力します。

 

これで、「エラーコード」を表示させないように出来ました。

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事に役立つExcel術(IF関数を使いこなして効率アップ)

ネット副業

 

Excel」は仕事には欠かせないソフトですよね。

 

その中でも、
Excelの「関数」という魔法のツールを
使いこなせるか否かで、

 

仕事の効率が格段に違ってきます。

 

「関数ってなんだか難しそう・・・。」
と思われる方もいるかも知れませんが、

 

難しいと感じるのは最初だけです。

 

慣れてしまえば、
とても便利なものなので少しずつ覚えていきましょう!

 

このページでは、

 

  • IF関数

 

についてご紹介していきます。

 

集計データの中から「〇〇以上」など、条件に合ったデータを分析するのに、
とても便利なものになります。

 

「ところで関数って何ですか?」
という初心者さんはこちらからお読み下さい。
関数の基本を知ろう

 

IF関数

IF(イフ)関数は、条件に応じて表示や計算内容を変更する関数です。

 

集計データの表で、数値が目標値を達成しているものと、
そうでないものが、分かるように表示したい時などに使います。

 

IF(イフ)関数の使い方は、
=IF(論理式,真の場合,偽の場合)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

ネットで稼ぐ

 

上図のように、支店別の販売台数が集計された表で、
目標販売台数が1000台で、

 

目標を達成した場合(1000台以上)は「」、
そうでない場合は「×」を入力したい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る → 関数名で「IF」を選択 → OK →

 

「論理式」に販売台数が1000以上と入力するので、
「B2>=1000」と入力する →

 

「真の場合」には、指定した条件が成立する時なので、「"〇"」と入力する →
「偽の場合」には、指定した条件が成立しない時なので、「"×"」と入力する →

 

OKをクリック
すると、計算結果が表示されます。

 

ネットで稼ぐ

 

文字を入力する時は、「"」(ダブルクォーテーション)で囲むのですが、

 

「関数の挿入」ボタンを使用した時は、「"」が自動で入力されるので、
自分で入力する必要はありません。

 

同じように他の支店の評価も出したいので、
A支店の評価のセルをコピー(ドラッグでも可)すればOKです。

 

論理式で使用する記号

論理式で使用する記号には、今回使用した「>=1000」(1000以上)、
以外にもいろいろな記号がありますので、下記を参照して下さい。

 

  • "A=B"・・・  AとBが等しい
  • "A<>B"・・・AとBが等しくない
  • "A>B"・・・  AがBより大きい
  • "A<B"・・・  AがBより小さい
  • "A>=B"・・・AがB以上
  • "A<=B"・・・AがB以下

 

 関数のネスト

関数の中に、更に関数を入れることが出来るのですが、
これを「関数のネスト」と言います。

 

例えば、「販売台数が1000台以上なら・・・」と、
条件が1つの時は関数は1つで良いのですが、

 

「販売台数が1000台以上なら〇で、
1000台より少ないけど、700台以上なら△、
そうでないなら×を入力したい。」

 

と条件が2つになると、関数をもう1つ増やすことになります。

 

先ほど入力した「=IF(B2>=1000,"〇","×")」の関数式の、
「偽の場合」である「"×"」の部分に、IF関数を入れたいので、

 

「A支店」の評価のセルをWクリックして、

 

「=IF(B2>=1000,"〇",IF(B2>=700,"△","×"))」
と関数式を入力します。

 

ネットで稼ぐ

 

こうすることで、
「販売台数が1000台以上なら〇。そうでないなら、
700台以上なら△で、そうでないなら×。」

 

という条件を指定することが出来ます。

 

関数のネストは使いこなせるようになると、とても便利なものですが、
慣れない内は難しいと思います。

 

何度も練習して、習得していきましょう!

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事に役立つExcel術(AVERAGE/LARGE関数)

ネット副業

 

Excel」は仕事には欠かせないソフトですよね。

 

その中でも、
Excelの「関数」という魔法のツールを
使いこなせるか否かで、

 

仕事の効率が格段に違ってきます。

 

「関数ってなんだか難しそう・・・。」
と思われる方もいるかも知れませんが、

 

難しいと感じるのは最初だけです。

 

慣れてしまえば、
とても便利なものなので少しずつ覚えていきましょう!

 

このページでは、

 

  • AVERAGE関数
  • LARGE関数

 

についてご紹介していきます。

 

集計データの平均値や、上位の数値などを分析するのに、
とても便利なものになります。

 

「ところで関数って何ですか?」
という初心者さんはこちらからお読み下さい。
関数の基本を知ろう

 

AVERAGE関数

AVERAGE(アベレージ)関数は、平均値を求める関数です。
集計データの表で、平均値がどれくらいなのか知りたい時などに使います。

 

AVERAGE(アベレージ)関数の使い方は、
=AVERAGE(数値1,数値2,・・・)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

ネットで稼ぐ

 

上図のように、支店別の販売台数が集計された表で、
全支店の平均販売台数を知りたい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る →
関数名で「AVERAGE」を選択 → OK →

 

「数値1」に販売台数の範囲を入力するので、
「B2~B6」をマウスで範囲選択する → OKをクリック

 

すると、計算結果が表示されます。

 

ネットで稼ぐ

 

AVERAGE(アベレージ)関数は、
指定したセル範囲の中に、空欄のセル文字が含まれている場合は、

 

それらのセルを除外し、数値のセルだけを対象に平均を計算してくれます。

 

販売台数が「0台」の時は、
空欄にせずに「0」と入力するのを忘れないようにしましょう!

 

LARGE関数

LARGE(ラージ)関数は、
大きいほうから数えて、指定した順位となる数値を調べる関数です。

 

商品の評価点が集計された表の中で、
上位の点数が知りたい時などに使います。

 

LARGE(ラージ)関数の使い方は、
=LARGE(配列,順位)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

ネットで稼ぐ

 

上図のように、順位が「1位、2位、3位」のそれぞれの評価点が知りたい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る → 関数名で「LARGE」を選択 → OK →

 

「配列」には評価点欄の範囲を入力するので、「B2~B6」をマウスで範囲選択する
(この時、セル範囲を「絶対参照」にしたいので、
範囲選択した後に、「F4」キーを押し、「$」マークを付ける) →

 

「順位」は「1」を指定するので、「D2」のセルをクリック → OKをクリック
すると、計算結果が表示されます。

 

ネットで稼ぐ

 

同じように順位「2」、「3」の評価点も出したいので、
順位「1」の評価点のセルをコピー(ドラッグでも可)すればOKです。

 

関連する関数

LARGE(ラージ)関数に関連した関数に下記のものがあるので、
一緒に覚えておくと便利です。

 

SMALL(スモール)関数は、指定したセル範囲内で、
小さいほうから数えて、指定した順位となる数値を調べる関数です。

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事に役立つExcel術(COUNT/COUNTIF関数)

ネット副業

 

Excel」は仕事には欠かせないソフトですよね。

 

その中でも、
Excelの「関数」という魔法のツールを
使いこなせるか否かで、

 

仕事の効率が格段に違ってきます。

 

「関数ってなんだか難しそう・・・。」
と思われる方もいるかも知れませんが、

 

難しいと感じるのは最初だけです。

 

慣れてしまえば、
とても便利なものなので少しずつ覚えていきましょう!

 

このページでは、

 

  • COUNT関数
  • COUNTIF関数

 

についてご紹介していきます。

 

集計表の大量のデータを分析するのに、とても便利なものになります。

 

「ところで関数って何ですか?」
という初心者さんはこちらからお読み下さい。
関数の基本を知ろう

 

COUNT関数

COUNT(カウント)関数は、
数値が入力されたセルの個数を数える関数です。

 

集計データの表の中で、
数値が入力されている項目の数が知りたい時などに使います。

 

COUNT(カウント)関数の使い方は、
=COUNT(値1,値2,・・・)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

ネットで稼ぐ

 

上図のように、支店別の販売台数が集計された表で、
調査済み(数値が入力されている)の支店の数を知りたい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る → 関数名で「COUNT」を選択 → OK →

 

「値1」に販売台数の範囲を入力するので、
「B2~B6」をマウスで範囲選択する → OKをクリック

 

すると、計算結果が表示されます。

 

ネットで稼ぐ

 

関連する関数

COUNT(カウント)関数に関連した関数に下記のものがあるので、
一緒に覚えておくと便利です。

 

COUNTA(カウントエー)関数は、
指定したセル範囲内で、数値、文字を問わず、

 

空欄以外のデータが入力されている全てのセルの数を数える関数です。

 

COUNTIF関数

COUNTIF(カウントイフ)関数は、
指定した条件と一致したセルの個数を数える関数です。

 

商品の評価が集計された表の中で、
評価別の商品の数が知りたい時などに使います。

 

COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方は、
=COUNTIF(範囲,検索条件)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

ネットで稼ぐ

 

上図のように、評価「A」、「B」、「C」のそれぞれの商品の数が知りたい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る →
関数名で「COUNTIF」を選択 → OK →

 

「範囲」には評価欄の範囲を入力するので、
「B2~B6」をマウスで範囲選択する →

 

「検索条件」は「A」を指定するので、
「D2」のセルをクリック → OKをクリック

 

すると、計算結果が表示されます。

 

同じように評価「B」、「C」の台数も出したいので、
評価「A」の台数のセルをドラッグすれば良いのですが、

ここで1つ注意点があります。

 

このまま、普通にドラッグして計算式をコピーすると、
セルが1つずつずれてしまいます。

 

今回は評価の選択した範囲を、ずれないようにしたいので、
絶対参照」を使います。

 

ネットで稼ぐ

 

「範囲」でセル範囲を選択した後に「F4」キーを押します。
すると、「$」マークが付きますので、これで範囲をずれないように出来ました。

 

検索条件の入力方法

検索条件には、今回のように「A」と等しい、といった条件以外にも、
いろいろな条件を指定することが出来ます。

 

条件の入力方法は下記を参照して下さい。

 

  • "A"・・・・ 「A」と等しい
  • "A*"・・・・「A」で始まる
  • "*A*"・・・ 「A」を含む
  • "<>A"・・・ 「A」と異なる
  • 100・・・・・100と等しい
  • ">=100"・・・100以上
  • ">100"・・・ 100より大きい
  • "<=100"・・・100以下
  • "<100"・・・ 100より小さい

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事に役立つExcel術(SUMIF/ROUND関数)

ネット副業

 

Excel」は仕事には欠かせないソフトですよね。

 

その中でも、
Excelの「関数」という魔法のツールを
使いこなせるか否かで、

 

仕事の効率が格段に違ってきます。

 

「関数ってなんだか難しそう・・・。」
と思われる方もいるかも知れませんが、

 

難しいと感じるのは最初だけです。

 

慣れてしまえば、
とても便利なものなので少しずつ覚えていきましょう!

 

このページでは、

 

  • SUMIF関数
  • ROUND関数

 

についてご紹介していきます。

 

「ところで関数って何ですか?」
という初心者さんはこちらからお読み下さい。
関数の基本を知ろう

 

SUMIF関数

SUMIF(サムイフ)関数は、

条件に合致したセルの数値の合計を計算する関数です。

 

複数の費目が入力された表で、
費目ごとの数値の合計が知りたい時などに使います。

 

SUMIF(サムイフ)関数の使い方は、
=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

仕事

 

上図のように、費目が「交通費」の数値だけを合計したい時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る → 関数名で「SUMIF」を選択 → OK →

 

「範囲」には費目欄の範囲を入力するので、「B2~B7」をマウスで範囲選択する →
「検索条件」は「交通費」を指定するので、「E2」のセルをクリック →

 

「合計範囲」には金額欄の範囲を入力するので、
C2~C7」をマウスで範囲選択する → OKをクリック

 

すると、計算結果が表示されます。

 

同じように「通信費」と「消耗品費」の合計も出したいので、
「交通費」の合計のセルをドラッグすれば良いのですが、

ここで1つ注意点があります。

 

このまま、普通にドラッグして計算式をコピーすると、
セルが1つずつずれてしまいます。

 

今回は費目と金額の選択した範囲を、
ずれないようにしたいので、「絶対参照」を使います。

 

仕事

 

「範囲」と「合計範囲」でセル範囲を選択した後に「F4」キーを押します。
すると、「$」マークが付きますので、これで範囲をずれないように出来ました。

 

SUMIF(サムイフ)関数を使うと、
「範囲」の中で、「検索条件」に指定した文字と一致したセルを調べ、

 

そのセルと同じ行にある「合計範囲」の数値だけを合計することが出来ます。

 

ROUND関数

ROUND(ラウンド)関数は、数値を四捨五入する関数です。
数値を任意の桁数で四捨五入したい時などに使います。

 

ROUND(ラウンド)関数の使い方は、
=ROUND(数値,桁数)』と入力します。

 

手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、
簡単に関数の計算が出来るので、そちらの方法で説明していきます。

 

仕事

 

上図のように、数値をいろいろな桁数で四捨五入する時は、

 

まず最初に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリック →
関数の挿入ダイアログボックスが出る → 関数名で「ROUND」を選択 → OK →

 

「数値」は計算対象の数値が入力されている「A2」のセルをクリック →
「桁数」は一の位を指定するので、「-1」を入力 → OKをクリック

 

すると、計算結果が表示されます。

 

仕事

 

どの位で四捨五入をするかを示す「桁数」の指定の仕方は下記のようになります。

 

  • 「-3」・・・百の位
  • 「-2」・・・十の位
  • 「-1」・・・一の位
  • 「0」 ・・・小数第一位
  • 「1」 ・・・小数第二位
  • 「2」 ・・・小数第三位
  • 「3」 ・・・小数第四位

 

小数第一位を四捨五入する時が「0」で、
そこを基準に覚えておくと良いと思います。

 

関連する関数

ROUND(ラウンド)関数に関連した関数に下記のものがあるので、
一緒に覚えておくと便利です。

 

  • ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数:数値を指定した桁数で切り捨てる
  • ROUNDUP(ラウンドアップ)関数:数値を指定した桁数で切り上げる

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事に役立つExcel術(関数の基本/SUM関数)

ネット副業

 

仕事をする上で欠かせないソフトと言えば

Excel」ですよね。

 

会社でも多くの人達が使用していると思います。

 

ですが、実は使いこなせている人は

少ないかも知れません。

 

Excelの「関数」という魔法のツールをマスターして、
仕事をサクサク進めてみませんか?

 

関数って聞くと
「なんだか難しそう・・・。」
と敬遠する人もいるかも知れませんが、

 

使いこなせるようになると格段に仕事のスピードが早くなって、
効率アップにつながります。

 

少しずつ覚えていきましょう!

 

関数の基本を知ろう

関数」とは、Excelがもつ機能(複雑な計算や、文字編集など)に

名前を付けたものです。

 

「関数名」を入力するだけで、すぐにその機能を利用することが出来ます。

 

関数の入力方法

入力方法は、まず最初に「=(イコール)」を入力し、

 

次に「関数名」、「カッコ」、「引数(ひきすう)」を入力し、
最後に「カッコ」で閉じて「Enter」を押す。

 

これで、計算結果がセルに表示されます。

 

※「引数(ひきすう)」とは、関数を使う時に何らかの指示をするもので、
計算の関数では、セルの範囲を引数として指定します。

 

関数を使うには、上記で説明した通り直接入力しても良いのですが、

 

列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンを使うと、
より簡単に関数を使うことが出来ます。

 

仕事

 

使い方は、
「関数の挿入」ボタンをクリック → 関数の挿入ダイアログボックスが出る →
関数名を選択 → OK → 引数を入力 → OKをクリック。

 

これで、計算結果がセルに表示されます。

 

関数名が分からない時は、
関数の挿入ダイアログボックスの「関数の検索」に、

 

やりたいことを入力して(図1)、「検索開始」をクリックすると(図2)、
「関数名」が表示されるので、とても便利です。

 

関数名を選択すると(図3)、関数の説明が表示されます(図4)。
その関数で良ければ、「OK」をクリックします(図5)。

 

仕事

 

入力した計算式は、

他のセルにコピー(ドラッグでも可)して使用することが出来ます。

 

その時、引数で指定したセル範囲も自動でずれてくれるので、
再入力する必要はありません。

 

一度入力した計算式を修正するには、
セルを「Wクリック」して、直接書き換えることが出来ます。

 

絶対参照とは

入力した計算式を、他のセルにコピーして使用する時に、

セル範囲がずれると困るケースがあります。

 

その時はセル範囲を「絶対参照」にすると、ずれなくなります。

 

「絶対参照」にするには、引数を入力する時に「F4」キーを押します。
すると、引数に「$」マークが付きます。

 

これで、「絶対参照」に出来ました。

 

仕事

 

「$」マークを手入力してもOKです。

 

計算結果(値)を残しておきたい時は・・・

他のセルを参照している関数は、
参照元のセルの値を変えたり削除したりすると、

 

計算結果が自動的に変わります。

 

現在の計算結果を残しておきたい時は、
コピー → 右クリック → 形式を選択して貼り付け →
ダイアログボックスで「」を選択(図1)→ OK(図2)

 

とすると、計算結果の値だけをコピーすることが出来ます。

 

仕事

 

SUM関数

SUM(サム)関数は、数値の合計を計算する関数で、
最も使用頻度が高い関数だと思います。

 

売上金額や販売台数などをまとめた表で、
数値の合計を知りたい時などに使います。

 

SUM(サム)関数の使い方は、『=SUM(数値1,数値2)』と入力します。

 

仕事

 

上図のように、5月の売上金額の合計を出したい時は、
「数値1」に「C3:C7」とセル範囲を入力します。

 

すると、計算結果が表示されますので、横にドラッグすると、
6月と7月の合計も同じように計算されます。

 

仕事

 

セル範囲を入力する時は、
開始セルと終了セルを「:」(半角コロン)で区切ります。

 

指定した範囲の中に、数値以外の文字があった場合は、
それを無視して数値のみの合計を計算してくれます。

 

SUM(サム)関数は、
離れた複数のセル範囲の合計を計算することも出来ます。

 

例えば、D3~D5セルとE3~E5セルの合計を計算したい時は、
=SUM(D3:D5,E3:E5)』の様に、
セル範囲を「,」(半角カンマ)で区切って入力すればOKです。

 

上記で説明した通り直接入力しても良いのですが、

 

SUM(サム)関数は、使用頻度が高い関数なので、

専用のボタンが用意されています。

 

ツールバーの中にある、「∑」(オートSUM)ボタンを押すだけで、
簡単に式を入力出来るようになっています。

 

合計の対象となるセル範囲も、
自動で設定されるので、入力が非常に楽になります。

 

とても便利なので、使ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事がはかどるパソコン術(文字入力のスピードを上げる裏技紹介)

ネット副業

 

「パソコンの文字入力って時間かかるし、

大変だなぁ。面倒くさいなぁ・・・。」

 

と感じている人は多いと思います。

 

パソコンの文字入力のスピードを上げるには、裏技があります。
どんどん活用して、ササッと終わらせてしまいましょう!

 

読めない漢字の入力方法

文字入力をしていると、
「ん?!この漢字読めない・・・。」
って時ありますよね。

 

人に聞いても良いのですが、
「わざわざ聞くのもなぁ。面倒くさいし。」
って思う時もあると思います。

 

そんな時、読めなくても入力出来る方法があります。
それは、手書き入力です。

 

お使いの日本語入力システムによって、少し手順が違ってきますので、
Microsoft IME」と「ATOK」の場合をご紹介します。

 

パソコン

 

まず最初にパソコン画面の右下にある「あ」の上で右クリック(図の①)→

 

(Microsoft IME の場合)
IMEパッド → 「IMEパッド 手書き」のダイアログボックスが出る →

 

(ATOK の場合)
ATOKメニュー → 手書き文字入力 →
ATOK 手書き文字入力」のダイアログボックスが出る

 

入力したい「漢字」をマウスで書く(図の②)→
横に候補の「漢字」が表示されるので、任意のものを選んで「Enter」(図の③)→
「漢字」が入力される(図の④)

 

このように読めない漢字があった時は、「手書き入力」を使うと便利です。

 

漢字だけではなくて、
「ん?!この記号、どうやって入力すれば良いんだろう。」
って時も使えます。

 

単語登録

よく入力する言葉や、いちいちキーボードで入力するのが面倒くさいものなどは、
単語登録」しておくと、素早く入力出来るのでとても便利です。

 

例えば、「メールアドレス」を入力する機会は多いと思いますが、
毎回キーボードから打つのは手間ですよね。

 

そんな時は、単語登録しておきましょう。

 

お使いの日本語入力システムによって、少し手順が違ってきますので、
Microsoft IME」と「ATOK」の場合をご紹介します。

 

パソコン

 

まず最初にパソコン画面の右下にある「あ」の上で右クリック→

 

(Microsoft IME の場合)
単語の登録 → 「単語の登録」のダイアログボックスが出る →

 

(ATOK の場合)
ATOKメニュー → 単語登録 → 「ATOK 単語登録」のダイアログボックスが出る

 

「単語」に、メールアドレスを入力し、「よみ」に、めーると入力する(図の①)→
「登録」をクリック(図の②)

 

これで単語の登録が出来ました。

 

メールアドレスを入力したい箇所で、
『めーる』と打って「スペースキー」を押すと、

 

さっき登録したメールアドレスが入力されます。

 

他にも、住所や電話番号など、キーボードで入力するのが面倒なものは、
登録しておくと、文字入力のスピードが上がって便利です。

 

どんどん活用しましょう!

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

仕事がはかどるパソコン術(ショートカットキーを覚えて効率アップ)

ネット副業

 

仕事の効率をアップさせるには、
パソコンのスキルの向上は欠かせません。

 

パソコンの技術が上がれば上がるほど、
仕事のスピードも上がっていくと思います。

 

一度にたくさんの事を、覚えようと思うと大変ですが、

 

1日に1つずつでも覚えていければ、
1ヶ月後には、30個以上も覚えることが出来ます。

 

パソコンのスキルを上げて、仕事の効率アップを目指しましょう!

 

ショートカットキーを覚えよう

ショートカットキーを使うと、
マウスを動かさずに作業が出来るので、時間の短縮が出来ます。

 

ネット副業ショートカットキーを使いこなせるようになると、

 

パソコン操作が格段に快適になるので、
ぜひ覚えておきましょう。

 

例えば、
フォルダ内のファイルを「全て選択」したい時、

 

大量のデータをマウスで全て選択しようとすると、
結構時間がかかりますよね。

 

そんな時に「Ctrl + A」を使うと、

一瞬で「全て選択」が出来ます。

 

※Ctrl + A とは、Ctrlキーを押しながら、A キーを押すという意味です。

 

他にも、知っていると便利な、ショートカットキーがありますので、
ご紹介していきます。

 

 

【Ctrlキー】
Ctrl + A 全て選択
Ctrl + C コピー
Ctrl + X 切り取り
Ctrl + V 貼り付け
Ctrl + Z 元に戻す
Ctrl + Y やり直す
Ctrl + F 検索
Ctrl + S 保存
Ctrl + N 新しいフォルダやWindowを開く
Ctrl + O 開く
Ctrl + W 閉じる

 

 

『複数選択する時は・・・ 』

 

フォルダ内のファイルや、メール等を選択する時、
Ctrlキーを押したまま、クリックしていくと複数選択が出来ます。

 

個別で解除したい時は、Ctrlキーを押しながら、

もう一度クリックすると解除出来ます。

 

 

【Shiftキー】
Shift + Caps Lock アルファベットの大文字/小文字の切り替え
Shift + 矢印キー 文字の選択
Shift + スペースキー 半角スペース

 

 

『範囲選択する時は・・・』

 

フォルダ内のファイルや、メール等を選択する時、

起点となるファイルをクリックし、 Shiftキーを押したまま、

終点のファイルをクリックすると、その範囲を選択出来ます。

 

個別で解除したい時は、Ctrlキーを押しながら、

もう一度クリックすると解除出来ます。

 

 

【Windowsロゴキー】
Windowsロゴキー +D デスクトップを表示
Windowsロゴキー +E クイックアクセスを表示
Windowsロゴキー +R [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開く

 

 

【Altキー】
Alt + F4 作業中のプログラムを閉じる
Alt + Tab 開いているプログラムの切り替え

 

 

ファンクションキーを覚えよう

ファンクションキーとは、
キーボードの一番上の列にある「F1」「F12」のキーのことです。

 

「使った事ない!」
という方もいるかも知れませんが、

 

ファンクションキーは使いこなすと、
とても便利なので覚えておきましょう!

 

 

【F1~F5】
F1 ヘルプを開く
F2 選択しているファイルやフォルダの名前変更
F5 Windowなどの表示を更新

 

 

F6~F10のキーは文字を入力した後に押すことで、文字変換出来ます。

 

【F6~F10】
F6 ひらがなに変換
F7 全角カタカナに変換
F8 半角カタカナに変換
F9 全角アルファベットに変換
F10 半角アルファベットに変換

 

 

 

 

 

 

「最近、パソコンの動きが遅くなってきた!」
「そろそろ新しいパソコン欲しいけど、どこのパソコンが良いかな~。」
「パソコン選びは面倒だな・・・。」

 

とお悩みではありませんか?
そんなあなたへ、富士通パソコンをオススメします。
富士通ショッピングサイトWEB MART

 

あなたのパソコン、ウイルス対策はお済みですか?
大切なパソコンをウイルスから守るために、ウイルス対策は忘れずに!
【ウイルスバスタークラウド】

 

時間を無駄にしない仕事術~スキルアップ~

ネット副業

会社には、たくさんの人がいますよね。

仕事の進め方や取り組む姿勢も人それぞれ。

 

仕事のスピードも人によって全然違います。

 

みんなそれぞれ、自分の持っているスキルも経験も

違うので、当然ですが、やはり仕事は出来るに

超したことはありませんよね。

 

では、どうすれば仕事のスキルをアップさせることが出来るのでしょうか。

 

仕事が出来る人の真似をする

まずは、周りの人達の仕事っぷりをよく観察してみましょう。

 

一緒に仕事をしていて、
「この人いつも仕事早いなぁ。」とか
「この人の作った資料は見やすいなぁ。」とか

 

「この人の説明は分かりやすいなぁ。」とか
「この人はいろんな事知ってるなぁ。」等など、

 

自分の周りで、
「この人スゴイなぁ。仕事出来るなぁ。」
って人を見つけたら、その人をお手本にしましょう。

 

盗めるところは盗む!良いところは真似る
これが自分のスキルを上げる一番の方法だと思います。

 

逆に、
「この人いつも仕事遅いなぁ。」とか
「この人の説明分かりにくいなぁ。」

 

と思う人を見た時は、反面教師として、

 

「自分も同じような事をしてないだろうか。」
と自分の行動を見つめ直すようにしましょう。

 

仕事をする時は、視野を広げて、周りを観察することも大事だと思います。

 

目標を立てる

ネットで稼ぐ仕事にとりかかる時は、常に目標を立てて、

その目標を達成する事を目指しましょう。

 

目標と言っても、

そんなに大きなものでなくても良いです。

 

期限が特にない仕事があったら、自分で期限を作る。

 

「今日中に終わらせよう。」とか
「今日は、これとこれとこの仕事を片付けよう」等など・・・

 

目標を立てずに、仕事に取りかかると、

ダラダラとやってしまう可能性がありますが、
小さくても何かしら目標があれば、それに向かって進めるので、

 

「この仕事を今日中に終わらせるには、どうしたら良いか。」
「もっと早く出来る方法はないかな。」

 

と自然に考えるようになって、自分のスキルを上げることが出来ます。

 

目標を達成出来ると、単純に嬉しいですし、自信にもなるので、
今後の仕事にも良い影響になると思います。

 

目標を立てる時は、

あまりにも無茶な目標を立てないように気をつけましょう。

 

そうなると逆効果になってしまいます。

 

 

 

 

当サイトのご案内

guide-1

 

アフィリエイトをやってみたいけど、何から始めれば良いのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
アフィリエイトの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。
アフィリエイトを始めるための作業を分かりやすくご案内します。

 

アフィリエイトに本気で取り組みたい!アフィリエイトのノウハウを学びたい!
何か教科書的なものはないかなぁ~。
とお探しの方は『アンリミテッドアフィリエイトNEOって何?』へお進み下さい。

 

「アフィリエイトって何のこと?」
と、超ど素人だった私もこの「アンリミ」を手にして、
アフィリエイトをスタートしました。
きっとあなたの助けになってくれる教材です。

 

アフィリエイトを始めたのは良いけれど、
何だか分からない言葉だらけなんですけどぉ~。
とお悩みの方は
アフィリエイト用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」を解決~
へお進み下さい。
難しい専門用語ばかりで作業が進まない・・・。
なんてことにならないように、ぜひお役立て下さいませ。

 

FXに挑戦してみたいけど、どうすれば始められるのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
FXの始め方~初心者さんにオススメのFX会社は?~』へお進み下さい。
FXを始めるにはFX会社で口座開設が必要です。オススメのFX会社をご案内します。

 

FXを始めたのは良いけれど、分からない言葉が多すぎる・・・。
とお悩みの方は『FX用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~』へお進み下さい。
難しい専門用語を分かりやすく解説!

 

ブログに興味はあるけど、どうやって始めれば良いのか分からない・・・。
とお悩みの初心者さんは
ブログの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。
ブログはとっても簡単に誰でも始められるので、ぜひトライしてみましょう!

 

ネット副業で稼いだお金って確定申告って必要なのかな?
どうなんだろう・・・。
とお悩みの方は
副業をしている場合の確定申告について~初心者さんの「?」を解決~
へお進み下さい。
税金のこともきちんと考えておきましょう。

 

その他にも、『知って得するお金の話』や『ビジネス力に関すること』や
仕事術』なんかの記事もありますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

 

ネット副業

また、サイトマップから

記事を探すことも出来ますのでご活用下さい。

 

当サイトが少しでも皆様のお役に立てますように・・・。

 

0からアフィリエイトを学びたい初心者さんにはコレ!

 

unlimi-3

本気でアフィリエイトに挑戦したい! アフィリエイトを0から徹底的に学びたい! そんなあなたへオススメするのがこの『アンリミ』です。 0からの初心者さんの道しるべになってくれる一押し教材です。

 

おすすめのFX口座はこちら

DMM FX fx-ac(DMM-3)

GMOクリック証券【FXネオ】fx-ac(GMO-3)

マネーパートナーズ【パートナーズFX】fx-ac(money-3)

まだFX口座をお持ちでない方は、まずは無料で口座開設を。

管理人紹介
kiyoka-m

ネット副業案内人の清香です。

キャッシュポイント(収入源)が会社の給料1つだけしかない!ということに不安を覚えたのをきっかけにネット副業を始めました。

これからネット副業を始めたい初心者さんの為に、何をどうすれば良いのかを分かりやすくお伝えすべく、当サイトを作成しましたので、どうぞお役立て下さいませ。
詳しいプロフィールはこちら

クリック頂けると嬉しいです↓
当サイト内の記事一覧
キーワードで記事が探せます↓
最近の投稿

ページの先頭へ